掲載日 2013/12/10
東北の旅その7
三日目B四日目@
賽の窪塚古墳から
撮影日2013/10/1〜6

岩沼市から、名取市にもどる。  

仙台市・名取市・岩沼市の地図

宮城県の地図g

仙台平野の最古の古墳は高舘山古墳だという。高舘山古墳は標高200mの高舘山山頂にある。
見学したいが・・・・あきらめて、高舘山古墳の次の世代の墳墓と云われている賽の窪古墳群の見学。

賽の窪古墳群 名取市愛島笠島字台・北台・西台・南台・西小泉
撮影日
2013/10/3

名取大塚山古墳を中心にして、周辺にいろんな古墳があるようだ。



賽の窪古墳群分布図
  (説明板から)

説明板は、
 名取大塚山古墳に行く
 脇道の入口にある。
賽の窪古墳群は、高舘丘陵から分岐し東へ張り出す、
 標高30〜50mの愛島丘陵上に30基ほどが分布している。
すでに消滅(6基)したり、未発掘の古墳が多く、詳細は明らかではない。

1号墳の名取大塚山古墳(全長90mの前方後円墳)を中核とした埴輪などがある円墳群と、
17号墳の十石上古墳(全長32mの前方後円墳)を中核とした
 箱式石棺などが検出される小円墳群に分かれると考えられている。
前者は5世紀ころ、後者は6世紀を中心とした時期と推定されているが、
 詳細はまだ分かっていない。
13号墳は2段築成で径27mの円墳
18号墳組合式石棺が出土(1963年)        (説明板・古墳辞典から)

まず、道祖神社へ。     14時40分、着。

笠島道祖神社(佐倍乃神社)
村の鎮守様。

平安時代に、陸奥守に任命された藤原実方中将朝臣が
 赴任途中、この神社の前を通過した途端落馬し、
 命を落としたという話は歴史的にも有名だそうだ。

     

20号墳・・・道祖神社の境内に保存されている。円墳
        詳細不明

社殿の左(西)側にこんもりとした墳丘がある。



社殿の北には、19号墳があるはずだが、よくわからない。        
17号墳・・・道祖神社の東側の道路沿いの東側にある。十石上古墳とも呼ばれている。
       全長32mの前方後円墳
       後円部18m・高さ3.8m 前方部長さ14m・高さ2.6m (標柱に書かれている)


十石上古墳

きれいな前方後円墳の形を見せている。
   
12号墳・・・十石上古墳から道なりに南へ行った所にある。御上古墳と呼ばれている。
       径18m・高さ3mの円墳


12号墳

円墳とはいうものの、削られていて、
 ゆがんだ形で残っている。

  
名取大塚山古墳・・・賽の窪古墳群の主墳  1号墳 
  全長90mの帆立貝形前方後円墳 
    後円部径60m・高さ8.5m 前方部の長さ30m・高さ2.3m
  県内では4番目に大きい。
  後円部は3段築成 円筒埴輪あり 葺石あり。前方部は後円部に比べて極端に低い。
  発掘調査がされていないので、詳細は不明。5世紀中ごろの築造と推定されている

名取大塚山古墳全体図(説明板から)
  

名取大塚山古墳 後円部側 西から見る
 (奥に前方部) 

名取大塚山古墳 南から見る
  
   

名取大塚山古墳 くびれ部
ここから後円部に上がる。
  

名取大塚山古墳 左手前後円部 奥前方部
前方部は竹林になっている。  

名取大塚山古墳  後円部頂 
    
   
3号墳・・・名取大塚山古墳の東にある。円墳。詳細不明。


3号墳

畑の向こうにポッコリ!


     

     

飯野坂古墳群 名取市飯野坂5丁目・名取が丘1丁目
撮影日
2013/10/3

愛島丘陵北東部の名取ニュータウン北東端沿いに、前方後方墳5基と方墳2基がある。
古墳のそばに道路があるので、各々の古墳そばに駐車しながら、見学する。     
 15時30分  観音塚北1号墳 着。

   飯野坂古墳配置図

観音塚古墳 前方後方墳 全長60m
観音塚北1号墳 方墳 一辺14.4m
観音塚北2号墳 方墳 一辺14.2m
山居北古墳 前方後方墳 全長42m
山居古墳 前方後方墳 全長60m
宮山古墳 前方後方墳 全長60m
薬師堂古墳 前方後方墳 全長66m

ほかに、雲南古墳(雲南神社内)や、住宅街の中の公園に保存されているものもあるようだ。

薬師堂古墳には、立派な説明板があるが、ほかの古墳は、標柱に大きさが書かれているだけ。
いずれも発掘調査はされていないので、詳しいことは不明だ。

観音塚北1号墳

一辺14.4mの方墳


 
観音塚北2号墳

一辺14.2mの方墳

観音塚北1号墳とは
ほとんど大きさが違わないはずだが、
現状では、
この観音塚北2号墳が
 かなり小さく見える。   
観音塚古墳
 全長60mの前方後方墳  後方部の長さ30m・幅30m 前方部の長さ30m 

観音塚古墳後方部 右奥に前方部
  

観音塚古墳 後方部から前方部を見る
  

観音塚古墳 前方部から後方部を見る 

観音塚古墳 後方部脇から前方部を見る。 
山居古墳
 全長60mの前方後方墳  前方部幅30m。高さ2.8m 後方部幅30m高さ4.8m

山居古墳
手前前方部 右奥後方部





  
山居北古墳
  全長42mの前方後方墳  前方部幅12m高さ1.2m 後方部幅24m・高さ2.8m

山居北古墳 前方部脇から後方部を見る

山居北古墳 後方部から前方部を見る
宮山古墳
  全長60mの前方後方墳  後方部の長さと幅30m 前方部の長さ30m 
  古墳群中、最も高い所に立地。

宮山古墳後方部側  奥に前方部がある。
 

宮山古墳 後方部から前方部を見る
 

宮山古墳 前方部から後方部を見る
薬師堂古墳

薬師堂古墳 平面図 (説明板から)

全長66mの前方後方墳
後方部長さ36m・幅36m・高さ6.2m
 前方部長さ30m
古墳群最大の規模をもつ。
くびれ部付近から壺形埴輪の破片が採集されている。
4世紀末から5世紀初めの築造と推定されている。
1975年(昭和50)、墳裾確認調査。

薬師堂古墳後方部側
車を置いて、左側から坂を下りる。
   

薬師堂古墳 前方部脇から後方部を見る
くびれ部脇に薬師堂がある。
 

薬師堂古墳 前方部から後方部を見る
  

薬師堂古墳 後方部から前方部を見る
  
説明板は、薬師堂から東の石段(参道)をおりたところにある。


16時を過ぎて・・・・・・・・次は、東北地方最大の古墳です。
雷神山古墳へつづく・・・・・


トップページ

宮城県のトップ