:掲載日2006/11/7

灘浦海岸を行く
@ 富山編
富山県・氷見市から
石川県・七尾へ
2006/4/9

整備された氷見市布尾山古墳と七尾市の花園丸山古墳へのドライブに出かける。

 もう一度
柳田布尾山古墳
氷見市柳田字布尾山
撮影日 2006/4/9

2003年5月18日、柳田布尾山古墳を見に行った。
そのときは雑木林の中に古墳は埋もれていて、後方部の埋葬施設のあたりがビニールシートに覆われていた。
(詳しくは柳田布尾山古墳のページをご覧下さい)
その後整備され公園になったときいた。
公園になった布尾山を見に行ってきました。



 柳田布尾山古墳配置図
柳田布尾山古墳は全長107.5mの前方後方墳
後方部の長さ54m
・幅53m・高さ10m
前方部の長さ53.5m・幅49m・高さ6m
3世紀末〜4世紀前半ころの築造




整備後の柳田布尾山古墳  (撮影日2006/4/9)

国道160号線から見た柳田布尾山
工事現場の向こうに見える

柳田布尾山古墳を南西から写す

柳田布尾山古墳・周濠の様子

柳田布尾山古墳
後方部頂から前方部を見る

柳田布尾山古墳・後円部
埋葬施設を表示

柳田布尾山2号墳
1号墳後方部墳頂から

公園の中には、古墳館があり氷見市の遺跡について説明がある。




古墳館の窓から見た布尾山古墳

きれいになった布尾山。立派な遺物が発見されなかったのは、とても残念。

朝は曇っていたが快晴となり灘浦海岸は素晴らしい景色。
柳田布尾山古墳から海岸沿いを北上。石川・七尾市へ入る。
花園地区に大きな円墳があるという。

灘浦海岸 能登編につづく

越中の遺跡トップページ

トップページ