古沢塚山古墳 ほか 撮影日2011/3/6

杉谷古墳群のすぐ北、富山市古沢に前方後円墳・古沢塚山古墳があるというのは、
ずっと前から知っているけれども、山の中でどうなっているかわからない。
でも、山をのぼるつもりで出かける。

地図g

地図y

若宮八幡神社 富山市婦中町小長沢
撮影日2011/3/6

「婦中町史」には、
小長沢3号墳は、長沢丘陵の東縁斜面の神社境内に所在すると書かれている。
小長沢地区の神社とは、この若宮八幡神社ではないかと訪れてみた。
しかし、これは小長沢3号墳ではない。


若宮八幡神社
鳥居の向こうに見える社殿の背後に小さな奥宮がある。





若宮八幡神社奥宮




婦中町古里地域観光協会・古里郷土史研究会の連名で立てられた説明板には、
「八幡社は応神天皇が祀られるが、当社はその皇子の仁徳天皇が祀られているので若宮となっている。」
「神社の後方の台地は、二本榎遺跡という縄文中期の遺跡で、
石鏃、石錐・石匙・有孔小玉などが出土している」と書かれている。

安田城跡
国史跡
富山市婦中町安田
撮影日2011/3/6

呉羽丘陵東南麓、井田川の扇状地に立地する戦国時代の平城跡。
天正13年(1585)、全国統一をめざす豊臣秀吉が越中の佐々成政を攻めた際、
前線基地となった白鳥城の支城として使われた。
前田家の部将であった岡嶋喜三郎一吉が城主となった後、
代官平野三郎左衛門が居城したが、後に金沢に帰還し、廃城になったと伝えられている。

本丸、二の丸、右郭からなり、井田川から水を引き入れた堀がめぐっていた。


安田城跡
江戸時代文化年間に描かれた
「安田古城之図」と重なる。
出土品の9割はかわらけだったが、
陶磁器や短刀、鉄釘、銅銭、砥石などが出土した。

安田城跡資料館が併設されている。

古沢塚山古墳 富山市古沢
撮影日2011/3/6

ずっと以前から見たいと思っていた前方後円墳。
富山市古沢の古沢神明社の背後の丘陵尾根につくられている。



古沢神明社




神明社横に「塚山古墳へ10分」という案内板があり、遊歩道が造られている。


古沢塚山古墳後円部


右奥前方部



古沢塚山古墳実測図   (HP富山市遺跡探訪から)

昭和50年に発見され、海抜95mに位置する。
全長40.95mの前方後円墳
 後円部径25m 前方部長さ16m
 北と東の墳裾にテラス面を持つ。
前方部と後円部の高低差がほとんどないことから
  5世紀前半の築造と推定されている。





古沢塚山古墳
後円部から前方部を見る




古沢塚山古墳
右・前方部
左奥・後円部


前方部と後円部の間には残雪がある。

古沢塚山古墳の立地する呉羽山丘陵には、現在30基あまりの古墳が発見されている。

地図y

百塚遺跡 富山市百塚
撮影日2011/3/6

呉羽山丘陵北端、神通川下流西岸の河岸段丘に位置する。
2009年11月に現説が行われ、
弥生時代後期から古墳時代初頭に築かれた
方形周溝墓や円形周溝墓などの墳墓が 11 基みつかった。

内訳は
 埋葬施設のみ  1 基
 四隅に陸橋をもつ方形周溝墓が 4 基
 一辺に陸橋をもつ方形周溝墓が 1基
 円形周溝墓が 4 基
埋葬施設のみが確認された墓から、
 長さ約 7cmの鉄鏃1・ほぼ完形の土師器の壺(弥生時代終末〜古墳時代初頭)1が出土
方形周溝墓の木棺内からは
 直径 3〜5mm のスカイブルーのガラス小玉が約 70 点(弥生時代の墳墓としては県内最多)が出土


百塚遺跡は今道路となっている。




この北側(百塚住吉遺跡や百塚住吉 B 遺跡)は2005〜2007年度に調査され、、
弥生時代終末期の方形周溝墓、前方後方形墳丘墓や
古墳時代初頭の円墳、前方後円墳、前方後方墳などが 10 基以上みつかった。
特に前方後円墳は北陸最古段階のものとして注目を集めた。

(参考 百塚現地説明会資料 H21.11.21)

地図y

杉谷4号墳
杉谷古墳群 補足
富山市杉谷
撮影日2011/3/6

杉谷古墳群は、富山医科歯科大学の敷地内に「杉谷古墳の道」として遊歩道が整備されていたが、
杉谷4号墳はフェンスに囲まれて見れなかった。
杉谷古墳群のページ
今回、訪ねてみると、杉谷4号墳は整備されていた。
  (富山医科歯科大学は、富山大学杉谷キャンパスとなっている。)
大学のある丘を南におり、南西のふもとから、階段を上ると、
4号墳と7号墳の見学ができるようになっている。


杉谷4号墳
平成22年1月に立てられた説明板があった。

杉谷4号墳は 四隅突出型方墳
弥生時代末期の築造と推定されている。
一辺25m・高さ最大3.9m
突出部の長さは墳丘の角から平均15m

墳丘を囲む溝を含めた一辺は50mとなる。


杉谷4号墳の突出部


よくわからないかも・・・





杉谷4号墳周溝跡




杉谷7号墳

4号墳の南にある小さな方墳か。
周溝跡も確認できる。


説明板には、
「北陸の四隅突出型方墳は、墳丘のすそに貼石や列石はないが、周溝があるという特徴がある点で、山陰のものと違いがある。」
と記されている。

富崎墳丘墓
 補足
富山市婦中町富崎
撮影日2011/3/6

四隅突出型墳丘墓である富崎1・2号墓の写真が撮れていなくて、
冬のこの時期なら撮れるかもしれないと思い行ってみる。
はっきりと墳丘が確認できた!

富崎1号墓

野生動物が墳丘に穴をあけて巣を作っているようだ。
右奥に富崎城跡の説明板が見える。


1号墓は、一辺21.7m・高さ3m、
突出部の長さ6mで
周囲には溝がめぐる

2号墓は 1号墓とほぼ同じ大きさ

富崎2号墓
1号のすぐ北側にある。

こちらは雪がない。


   詳しくは  富崎墳墓群のページをご覧ください。

塚越古墳 立山町塚越
撮影日2011/3/6

「日本の古代遺跡13・富山」(保育社)には、白岩川流域の古墳として、
稚児塚古墳、竹内天神堂古墳、塚越古墳、中馬場の宮塚古墳、若王子古墳、清水堂古墳などが紹介されている。

竹内天神堂古墳は舟橋村  (舟橋村のページをご覧ください)
中馬場の宮塚古墳・若王子塚古墳、清水堂古墳は富山市  (水橋の古墳群のページをご覧ください)
稚児塚古墳・塚越古墳は立山町 (立山町のページをご覧ください)

塚越古墳は一度探してわからなかったが、塚越神社こそが塚越古墳とわかり、見学に行く。


塚越古墳
墳丘の上に社殿がある。

境内は児童公園となっている。




塚越古墳
西側から見る。








塚越古墳の墳丘は丸くなっている。

説明板はないので詳しい事はわからないが
径35m の円墳とのことである。




地図y

トップページ

越中の遺跡トップページ