更新日2015/9/29

氷見の古墳その3
氷見市史から
2015/5/3・6

氷見市の代表的な古墳は、柳田布尾山古墳だが、氷見市史には、氷見の古墳が詳しく掲載されている。
なんとたくさんあるのか!!
これを参考にして、氷見市の古墳探索へ・・・・・

地図g

5月の連休中、二日間、氷見市に通う。  その3です。

宇波安居寺古墳群
ウナミアンゴジコフングン
氷見市宇波
撮影日 2015/5/6

農作業に行く御夫婦に、山の上り口をたずねるが、上り口は特にないといわれ、
     3号墳の南ふもとあたりから、藪をかき分けよじ登る。
しかし、カメラトラブルで、10枚ほどの写真が消失・・・・・ もう一度、登ろうか?止めようか?思案中・・・・




宇波安居寺古墳群 配置図
   (氷見市史より作成)

古墳番号 大きさ 高さ
1号墳 円墳 径29m 3〜3.5m
2号墳 円墳 径24.5m 2m
3号墳 円墳 径28m 2.5〜3m

宇波川の左岸、灘浦小学校北側の丘陵に分布する。



 安居寺山(標高93.6m)から宇波川へ向ってのびる丘陵が南から南東へ折れたところを最高所として、
    下降する丘陵に3基の円墳が間隔をおいて立地する。
 最高所の1号墳は標高63.6m、3号墳は44m
 1号墳 最大径29m・高さ3〜3.5mの円墳
   墳頂部の平坦面は東西12.5m南北14m
   墳丘裾には幅5〜8.5mの平坦面が全周し、範囲は径42mとなる。
   尾根方向は両端が堀切で画され、裾平坦面にも西側と南東側に空堀がある。
   この空堀は中世の城館の遺構と考えられている。
 2号墳は1号墳の南東46mにある。この間に2条の堀切をはさむ。
   尾根方向と直交して最大幅が24.5m・尾根方向22mの円墳 高さ2m
   1号墳側の尾根を大きく掘り込み周溝としている。
   墳頂の平坦面15.5×13mと広い(築城のときに削平されたか?)
 3号墳最大径28m・高さ2.5〜3mの円墳
   2号墳側の尾根を深く掘り込み周溝としている。南東側にテラス面がある。
 どの古墳も葺石なし、埴輪なし
 5世紀初頭〜中ごろの築造と推定されている。


宇波安居寺古墳群1号墳 墳丘測量図
  (氷見市史から)



 古墳のある丘陵は安居寺屋敷と呼ばれ、宇波城の城館として中世に利用されていた。
 平成12年市史編纂委員会の踏査で古墳と確認された。

安居寺1号墳

安居寺2号墳

藪の中だが、墳丘は確認できます。

北八代中山古墳
余川川流域の古墳群
氷見市北八代
撮影日 2015/5/6

箭代(ヤシロ)神社背後の丘陵にある
北八代中山古墳配置図
 (氷見市史より)

箭代神社は
   現在阿尾川に向かって開けた谷の中央部に南面しているが、
   かつてはこの背後で谷が二方に分かれた間の丘陵、通称中山にあった。

古墳はこの丘陵南端の円丘頂部に1基だけある。
  付近は墓地。箭代神社の北の山を少し登ったところにある。
標高35,5m、丘陵下の平野部の標高は10m

 北八代中山古墳は 一辺8m・高さ1.5mの方墳
  西側に約3m四方の低い張り出しがある。
  墳丘の周囲は幅3〜4mの平坦面がめぐる。
  墳頂部は浅いくぼみがあるので、盗掘されている可能性がある。  
  古墳からの遺物はなく、築造時期は特定できないが、方墳なので、古墳時代前半の可能性がある。
 
北八代中山古墳
 
墳丘上

墳丘手前には、階段や墓石が残っていて、建物があったことを思わせる。

稲積城ヶ峰古墳群
阿尾川流域の古墳群
氷見市稲積
撮影日 2015/5/6

西へ行くと「あいやまガーデン」(バラ園)があるので、車は結構通っている。
JA倉庫のふもとに駐車、道なき道をよじ登って1号墳へ・・・・・。


稲積城ヶ峰古墳群 配置図
 (氷見市史より)

丘陵頂部に造られた大型円墳とやや離れた小型の円墳からなる。

 番号 大きさ  高さ 
1号墳   円墳  径33m 5m
2号墳  円墳 径8m  

稲積城ヶ峰古墳群は余川川の左岸、稲積から指埼へ向う峠の東側にある。
1号墳は標高65mの丘陵頂部にある。

南東には、稲積オオヤチ古墳群がある。


 稲積城ヶ峰古墳群は 平成11年(1999)市史編纂委員会の調査で確認された。
  1号墳直径33m・高さ5mの円墳
   円墳の北西側に続く丘陵が、
   前方後円墳の前方部の可能性があるとして平成12年に再調査して、前方後円墳ではないと判断した。
   開墾による改変がある。
   墳頂部平坦面は10×9mの広さがある。
   墳頂部中央には
     30〜40cmの石が数個、北東側には長径15cm前後の礫が見られるが、
     古墳にともなうものかは分からない。
  2号墳径8mの円墳  
  

稲積城ヶ峰古墳群1号墳

かなり立派な墳丘がある。
 
1号墳 墳頂部
 
1号墳墳頂部から 前方部と思われた方を見る

前方後円墳と考えられたこともあったようだが、前方後円墳ではないと判断されている。
確かに、前方部にするとちょっと軸がずれている感じがする。

以前見学した稲積オオヤチ古墳のそばを通る。
稲積オオヤチ古墳群のB2・B6・B3・B4の古墳は消滅、その跡は能越道となる。
  以前の稲積オオヤチ古墳群見学記(2010年)のページ

氷見の古墳その4(氷見市史から) へつづく・・・・

越中の遺跡トップページ

トップページ