能美市(旧寺井町)   地図g   

寺井山遺跡
県史跡

能美市寺井町
(撮影日2002/8/14
)

寺井山は宅地造成のためほとんどが削平されてしまった。
10基以上の古墳があったというが、住宅街の中に寺井山遺跡として寺井山5号墓・6号墓が公園として残されている。
弥生時代終末期の築造と推定されている。

蒸し暑い日だったが、木陰には涼しい風が吹いていた。

寺井山5号墳
元あった西尾根の北端に位置する。
幅5mの周溝をめぐらした直径20m・高さ1.7mの円形墳
埋葬施設が認められないので、
  祭壇のような円丘施設と見る向きもあるという。


      (撮影日2002/8/14)
寺井山5号6号平面図   (説明板から)

寺井山にある古墳群は6基確認され、 
 出土品、伝承から少なくとも10基以上の古墳があったとされている。

 5号墳の西に隣接して、
  盛土のない6号墳(区画墓)があり、鉄剣・太刀・鉄鏃が出土。
5号墳と6号墳は、一体的なものとしてみられていて、
  弥生時代終末〜古墳時代初頭の築造と推定されている。

能美市の地図y

寺井山遺跡・補足

能美市寺井町
(撮影日2011/10/9)

寺井山遺跡には、弥生時代終末期の築造と推定されている5号墓と6号墓が保存されているが、
1〜4号墓はどこにあるのか?
秋常山シンポの資料に掲載されていたので、紹介しておく。



寺井山古墳群の位置

1〜4号墳は、「位置等が特定できない消滅古墳」となっていて
×印で示されている。

薄い茶色の線で示されているのは
元あった寺井山、三道山(寺井山の北の尾根)の等高線。

現在、寺井山・三道山はほとんど削平され、道路や宅地となり、
緑色であらわされた部分
  
寺井山遺跡として保存されている所と三道山八幡神社のあるところだけが
かつての山のなごりとして残されている。






三道山(サンドヤマ)はここだけ残っている


まるで古墳のようだ。

ここに三道山八幡神社がある。




三道山八幡神社

三道山の鎮守様

50数年前の松任町(現白山市)石川小学校の低学年の遠足では、
ここでお弁当を食べた!
当時は、三道山があったという。

加賀の遺跡のトップ