更新日2014/11/9

野瀬石山古墳・鉢伏西山古墳

2014/5/15

石川考古学研究会会誌に記載された古墳を見つけに行く。   

津幡町・かほく市の地図

津幡町・かほく市の地図g

野瀬石山古墳

津幡町野瀬
2014/5/14

石川考古学研究会会誌に記載された古墳の探索その1。
野瀬川に臨む丘陵の、麓に築かれた古墳。




野瀬石山古墳の位置

東に谷地石山古墳群があるが、
   資料がないので詳細不明。
  (現在は土取りで消滅か?)



野瀬石山古墳は、民家の横に雑草地として残っている。

 野瀬石山古墳は 野瀬川の河岸段丘裾部にのっていると考えられている。
  径10m程度の円墳が想定されている
  昭和初期に畑の開墾作業中に発見されたが、埋葬施設の形態は不明。
  「津幡町史」では、勾玉・ガラス小玉・直刀・鉄鎌(約20本)が出土したと伝えられていると記載されている。
  「宇ノ気町(現かほく市)教育委員会」が現在その一部を保管しているそうで、
  石川考古学研究会会誌の発行に際し、もう一度確認して、出土品の詳細が会誌に掲載されている。

南から見た墳丘

西から見た墳丘

鉢伏西山古墳

かほく市(宇ノ気町)鉢伏
2014/5/14

石川考古学研究会会誌に記載された古墳の探索その2。

以前見学した鉢伏茶臼山古墳群の4号墳が、この鉢伏西山古墳。    2011年2月の見学記

 


鉢伏茶臼山古墳配置図
かほく市の鉢伏集落背後の茶臼山に営まれた古墳群

径(辺) 高さ  
1号墳 円墳 15m以上 給水塔により破壊 土器出土
2号墳 方墳 15.5×13m 2.5m 墳頂部平坦面9.5×7m
3号墳 円墳 10m 1.5m  
4号墳
鉢伏西山古墳
円墳 32m  5m   平坦面広い

1980年に給水塔増築のための調査で、
竪穴住居14基が検出され、高地性集落が営まれていたと確認され、
中世には山城に利用されていたことが判ってきた。
1〜3号墳は、水道施設になっていて見学できないが、西山古墳は見学できるのではないかと行ってみる。
東側の道路から、小道を上がったところに、墳丘があった。

 鉢伏西山古墳   鉢伏集落の西側の丘陵上に位置する。
  径32mの大型円墳。墳頂部平坦面も径13mと広い。
  テラスが周囲にめぐり、墓地造成で崩れた部分では、断面に盛土が観察される。


立派な墳丘を
     確認できた!



墳丘上部

竹が生えてきているので、墳丘が崩れそうだ。  

能美古墳群「里帰り展報告

2014/8/31

能美古墳群(能美市)の国史跡指定を記念して、
同古墳群で初めて発掘調査がされた和田山1、2号墳の出土品20点が京都国立博物館から63年ぶりに地元に戻り、
能美市立博物館で「里帰り展」が開催された。(2014/8/30〜9/28)

能美古墳群「里帰り展

能美市倉重町 能美市立博物館
2014/8/31




能美市立博物館前の看板



京都国立博物館から貸し出されたのは、
 1号墳(円墳、5世紀前半初頭)から出土した首飾り用の管玉や埋葬者の歯など9点と、
 2号墳(同、5世紀終わり〜6世紀初頭)で見つかった馬具や鉄刀など11点。


 中には全国で5点ほどしか確認されていない
腕輪の「鈴付銅釧」(縦17cm、横15.6cm)や、
京都国立博物館で一時常設展示されていた
「六鈴鏡」(直径12.6cm)、「四神四獣鏡」(同12.1cm)も含まれている。

この和田山1、2号墳では1951年夏、小松市などで発掘調査に貢献した故上野与一さんの指導を受け、
   小松高校地歴クラブの部員が埋葬品を調査。
出土品は、国が53年に一括購入して国有化し、56年以降は京都国立博物館で所蔵されていた。

銅釧と鏡二面は旧寺井町(現・能美市)の町制40周年に当たる96年に町内で特別展示されたが、
  今回のように20点が一括して帰ってくるのは初めてである。   (中日新聞から)




和田山1・2号墳から出土した副葬品

    (棺内展示から)
  小松高校地歴クラブ1952「石川県能美郡寺井町字和田山古墳調査報告」より

六鈴鏡 ガラス玉・管玉 鉄鏃
刀子
四神四獣鏡 馬具




鈴付銅釧 鉄鉾・鉄槍・鉄斧
馬具(鏡板)
管玉 馬具(杏葉)

                

撮影は0Kだったが、ガラス越しの写真で、はっきりしたものはない。




六鈴鏡

  (直径12.6cm)



鈴付銅釧
(縦17cm、
  横15.6cm)
 
四神四獣鏡
  (径12.1cm)



管玉





馬具(杏葉)



地元で保管されている出土品の展示もある。

 西山9号墳

調査時の西山9号墳(昭和42年)
       (館内展示から)

古墳時代後期(6世紀)の築造と
   推定
されている。



出土した鈴杏葉と馬鐸


    (石川県立博物館蔵)



出土した管玉・耳環・線刻須恵器


   (石川県立博物館蔵)


 和田山5号墳



和田山5号墳の墳丘と埋葬施設


      (館内展示から)


和田山5号墳の出土品展示
   (能美市蔵)
鉄刀
鉄剣
鉄鉾 鉄槍
鉄鏃 鉄鏃 金銅製品


 末寺山7号墳

末寺山7号墳の出土品展示

   (能美市蔵)

須恵器
須恵器
馬具 刀子
鉄鏃

その他の展示は
和田山2号墳出土の須恵器 ・和田山9号墳出土の勾玉和田山12号墳出土の鉄製品(鉄刀・鉄鏃)
和田山24号墳出土の鉄製品(鉄刀・刀子・鉄斧・鉄鏃・鉄鉾)
末寺山3号墳出土の須恵器
寺井山3号墳出土の管玉寺井山6号墳出土の鉄剣・鉄鏃
秋常山1号墳出土の土師器
西山3号墳出土の甲冑(片) ・西山8号墳出土の耳環
茶臼山9号墳出土の剣・直刀
灯台笹遺跡採集の尖頭器(旧石器時代)
など
調査当時の写真なども展示されている。
  
この内容で、なんと入館は無料だ。
この「里帰り展」に合わせて、9月6日には、
     「加賀の王墓と変革の5世紀」というセミナーが開催されたが、他の用事と重なり、行けなかった。

能美古墳群のページ

加賀の遺跡のトップ

トップページ