七尾市     地図g  

国分高井山古墳群
(国分古墳群)

七尾市国分町
(撮影日 2008/5/3)

調査された古墳のあったあたりは削られて空き地となっている。
西側には林が残っているので、その中に入っていけば古墳を確認できるのかもしれないが、
立入禁止になっているので、あきらめた。

国分高井山古墳群
  元々、30基ぐらいの古墳があったといわれるが、土取りのためほとんど消滅した。
 高地性集落があったとも推定されている。
消滅しそうな中、1980年に円墳3・方墳2・方形周溝墓2が発掘された。


1号墳は、 径11mの円墳。 埋葬施設は木棺直葬。
        鉄鉾が出土

2号墳は、 径12mの円墳。 埋葬施設は木棺直葬。
        鉄鉾が出土

3号墳は、 一辺11mの方墳。 2〜2.5mの周溝がある。
        埋葬施設は木棺を持たない墓坑2.7m。
        直刀・ヤリガンナ・鉄斧・と石が出土   

4号墳は、 径10mの円墳。 幅1mの周溝。
        埋葬施設は木棺直葬。
        須恵器・滑石製紡錘車が出土

5号墳は、 一辺6mの方墳。南北に浅い周溝がある。
        埋葬施設は木棺を持たない墓坑
        銅鏡・鉄器・滑石製紡錘車が出土

5世紀後半の築造と推定されている。

1号墳の南側と4号墳の東に方形周溝墓がある。

分古墳群とその周辺の地図

41 藤橋ゼニガミネ古墳
42 国分岩屋山古墳群
43 国分高井山古墳群
44 国分尼塚古墳群
45 国分火司神社古墳群
46 八幡・八幡神社古墳群
47 月夜見神社古墳群
(細口または下町)
48 院内勅使塚古墳
49 千野高塚古墳群
50 千野古墳群



国分尼塚1・2号墳

能登の遺跡トップページ

トップページ