七尾市   地図g   

千野高塚古墳群

七尾市八幡町
(撮影日 2008/5/3)

千野古墳の少し北に千野高塚古墳はある。
 千野高塚古墳のあるところは、現在「ホワイトタウン千野」という住宅地になっている。
その住宅地の西側に丘があるので、雑草の中をのぼり、柵をよじ登る。
 展望台らしきものがある。
この場所が千野高塚古墳のあったところと思われる。

「七尾市史・考古編」には「尾根丘陵頂に2基存在」とあるので間違いないと思うが、古墳の確認はできない。
 下りる時は、遊歩道がみつかり、そちらから下りる。

展望台のふもとの住宅で庭仕事をしている男性に尋ねたが、古墳については何も知らないという。



住宅地から展望台を見上げる。


千野高塚古墳は、1985年宅地造成工事に先立ち発掘された。
尾根丘陵頂に2基存在する。
20×10mの狭い尾根上に2基一対墳として築かれている。

1号墳は、 10.7×8m・高さ2mの長方形墳
       埋葬施設は土坑墓(長さ3.03m・幅1.62m・深さ0.46m)

2号墳は、 1号墳に先行
       径11m・高さ1.5mの円墳
       土器祭祀のあとがある。
       埋葬施設は割竹形木棺と推定
       古府クルビ式の段階の土器が出土
4世紀中葉〜後半の築造と推定されている。

院内勅使塚古墳

能登の遺跡トップページ

トップページ