羽咋市

四柳白山下遺跡

羽咋市四柳
撮影日 2017/12/9
2018/3/4

石川県埋蔵文化財センターのホール展「口能登・中能登の古代遺跡」に紹介されていた遺跡。

羽咋市の地図g

 埋文説明文
 【縄文時代〜江戸時代初頭】の遺跡
  土砂災害の痕跡が残る遺跡
  碁石ヶ峰山地から邑知地溝帯に伸びる小扇状地上にあり、
    土砂や土石流に覆われた各時代の生活面が累積して確認された。
  7年間の調査のうち、奈良〜平安時代を中心とする1・2次調査では、
    各種の墨書土器、帯金具、木沓、和同開珎などの特徴的なものが出土し、
     火を受けた赤彩土器などの呪いの様子も見られる。

調査地の航空写真
 (埋文展示から)

現在の四柳白山下遺跡 (撮影日2018/3/4)
調査区には、新しい道路ができている。

奈良・平安時代の水田と用排水施設
(埋文展示から)

木沓出土状況
(埋文展示から)

出土物
(埋文展示から)

出土物展示 大甕や大瓶なども出土している
(埋文展示から)

能登の遺跡トップ

トップページ