中能登町(鹿島町) 地図g     中能登町の地図y

小田中古墳群  

中能登町(旧鹿島町)小田中
 (撮影日2002/5/25
2013/5/4)

水白鍋山古墳から南へ2kmの小田中の集落の中に、親王塚古墳と亀塚古墳が向かい合うようにある。
陵墓参考地となっていて中には入れない。

2002年の小田中古墳群 撮影日2002/5/25

小田中太郎の伝説というのがあるらしいのです。

  能登国観音札所 第十番 小田中観音堂
 
親王塚古墳手前に「観音通」の道標があり、そこから1.3キロの山中に立派なお堂がある。
 小田中太郎が観音の夢のお告げによって、唐土に渡り、苦しんでいた姫を救って王となったものの、
             望郷の念止み難く、観音の力によって亀に乗り故郷に帰った。
 その折の観音が本尊で、親王塚古墳と亀塚古墳は太郎と亀の墳墓である。

まるで浦島伝説です。

 小田中古墳群配置図

 上が亀塚
 下が親王塚

一周して、大きな円墳を実感した。


 小田中親王塚古墳


 崇神天皇の子の大入杵命(オオイリキノミコト)の墓として宮内庁が管理している。
 全長72m・後円部径64mの帆立貝形古墳。
 
 三角縁神獣鏡2面が出土したと伝えられている。








 小田中亀塚古墳
 正面はとてもきれいになっているが、中にも入れず廻りも廻れない。
 周濠の跡の低い土地は畑となっていて、
                  きれいな花が咲いていた。
 
 全長72mの
前方後方墳だという。

寿永2年(1183年)砺波山で源平の合戦があった。
木曾義仲の軍勢5万人と平維盛(平清盛の孫)の軍勢10万人が激しく戦った。
源氏軍は「火牛の戦法」で平氏軍18000人を地獄谷に追い落とした。
一方、能登と越中の境の志保までも源氏軍1万人と平氏軍3万人の戦いがあり、ここでも源氏が勝った。
このとき、源行家(新宮十郎義盛・義経の叔父)は、小田中の親王塚の前に陣をはったと「平家物語」に書かれている。

2013年の小田中古墳群 撮影日2013/5/4

11年ぶりに行ったら、古墳の中の木が整理され、墳丘が見えるようになっていた!

小田中親王塚古墳

撮影日2013/5/4

崇神天皇皇子・大入杵命(オオイリキノミコト)の陵墓として宮内庁が管理している。

 小田中親王塚古墳は 全長72mの帆立貝形古墳。   後円部径64m・高さ15m。
   銅鏡(三角縁神獣鏡)や玉類、腕輪形石製品などが出土している。
   4世紀中頃の築造と推定されている。

小田中親王塚古墳全景 北西から

小田中親王塚古墳周壕
一部は水をたたえている。

小田中親王塚古墳 裾から墳丘を見上げる

小田中親王塚古墳 墳丘上の葺石

小田中亀塚古墳

撮影日2013/5/4

親王塚古墳から、旧街道の道をはさんで、すぐ北にある。親王塚古墳と共に、陵墓附属地として、宮内庁が管理している。

 小田中亀塚古墳は 全長72mの前方後方墳
  かつては全長61mと思われていた。
 墳丘の大部分が、宮内庁治定範囲となっているが、後方部南裾・東裾・前方部西北隅は範囲外となっているので、
   本来の墳丘より小さく思われていたようだ。
  親王塚より新しいという説と、先につくられているという説とがあるが・・・・・。

小田中亀塚古墳 親王塚古墳側(南)から見る
左が前方部 右が後方部

小田中亀塚古墳  前方部より後方部を見る

小田中亀塚古墳 後方部裾から後方部を見上げる。
横長の後方部のようだ。

小田中亀塚古墳 後方部脇から前方部を見る

『平家物語』(巻第七)の中で、「木曽殿は志保の山打ちこえて能登の新王の塚の前に陣をとる」と書かれていて、
昔から「親王塚」と呼ばれていたと考えられている。
明治8年(1875)、能登国造の祖、崇神天皇皇子大入杵命墓として陵墓に指定され、宮内庁が管理していると共に
1958(昭和33)年に町指定史跡になった。        

中能登町の地図y

高畠経塚古墳

能登の遺跡トップページ

トップページ