更新日2018/3/30

2018年早春の能登
 2017/12/9
2018/3/4

3月に入り、あまりの快晴に誘われて、能登方面にドライブ。
昨年12月に見学した石川県埋蔵文化財センターのホール展
     「口能登・中能登の古代遺跡」に紹介されていた遺跡は、現在どうなっているかを見てきた。
志賀町の二所宮宮山古墳群も見学。

二所宮宮山古墳群

志賀町二所宮
撮影日2018/3/4

2016年4月に、二所宮宮山古墳群があるという諸岡比古神社へ来たが、
  古墳がどこにあるのか分からなかった。
HP「いしかわ文化財ナビ」で、大体の位置を確認してもう一度訪れてみた。

志賀町の地図g 

二所宮宮山古墳群

配置図 (イメージ図)
1号古墳 円墳 径23m・高さ4m
2号古墳 円墳 径19m・高さ2m
3号古墳 (車塚) 円墳 径30m・高さ5.5m
周溝あり1m
4号古墳   削平
5号古墳 (烏帽子塚) 円墳 径10m・高さ2m
6号古墳 (太刀塚) 円墳 径5m・高さ1m
         遺跡地図から引用




西の参道入口にある鳥居

ここから東へ300mくらいの参道を上って下ると
諸岡比古神社がある。

参道の途中の高い所付近に古墳が6基確認されている。



 4号墳  (削平)


参道途中の頂部
4号墳を破壊して参道が通っている。



参道両側に、4号墳の残骸が残っているようだ。

参道南に残る4号墳

下部だけ残っているようだ。
墳丘の中心部は参道で完全に破壊
参道北側にも4号墳の一部が残っている。

4号墳は、削平されたことになっているが、
群中、最大だったかもしれない・・・

4号墳南側には、5・6号墳がある。

 5号墳・6号墳

手前中央が5号墳 右奥は6号墳

データでは5号墳が大きいはずだが、
5号墳は一番小さく残っている。

どちらも、痕跡程度の墳丘

写真ではよく見えないな…

5号墳
墳丘の周りに赤い杭が巡る。
奥の林のそばにも墳丘があるのかな・・・

6号墳
墳丘の周りに赤い杭が巡る。

参道の北側から林に入ったところに3号墳

 3号古墳 (車塚) 

墳丘

径30mの円墳

周溝辺りには赤い杭がめぐっている。

墳頂には大穴があいている。

3号墳から西に行った尾根先端部に、1・2号墳。

 1号墳・2号墳

1号墳墳丘

1号墳墳頂

1号墳の墳頂には大穴があいている。

2号墳

写真がうまく撮れなくて、とても残念・・・!

福井ナカミチ遺跡

志賀町福井
撮影日 2017/12/9
2018/3/4

石川県埋蔵文化財センターのホール展「口能登・中能登の古代遺跡」に紹介されていた遺跡。

 埋文説明文
 福井ナカミチ遺跡は 【縄文時代、弥生時代、奈良・平安時代】の遺跡
  近世まで存在した旧福野潟に面した於古川(オコガワ)沿いの低地にあり、
    遺跡の眼前には当時入り江が広がっていた。
  平安時代前期を中心とする掘立柱建物が規則的に配置され、
    墨書土器や仏器の出土から寺院が関連した遺跡と考えられている。
  文字資料からは祭祀の様子がうかがわれ、塩作りも行なわれていた。

調査区 (埋文展示から)
もとは福野潟があった。

現在の福井ナカミチ遺跡 (撮影日2018/3/4)
発掘調査されたところには、新しい道路が通っている。

9世紀代の掘立柱建物跡
(埋文展示から)

出土物展示  右上が製塩土器群
(埋文展示から)

穴口古墳群

志賀町穴口
撮影日2018/3/4

福井ナカミチ遺跡の北の穴口地区に前方後円墳があるという。
穴口天神神社に行って、古墳見学を試みるが、1号墳に到達しただけで挫折・・・。


穴口1号墳

この細かいメダケをかき分けないと、先には進めない・・・・。





穴口古墳群配置図


穴口5号墳は全長43mの前方後円墳
後円部径24m・前方部長23.5m・前方部先端幅22.5m。
後円部・前方部とも高さ3.1m・くびれ部幅15.7m。
後円部は大きな盗掘を受けている。
内部主体は不明。
段築・葺き石・埴輪はなし。




能登国分寺跡
古府・国分遺跡

七尾市国分町・古府町
撮影日 2017/12/9
2018/3/4

石川県埋蔵文化財センターのホール展「口能登・中能登の古代遺跡」に紹介されていた遺跡。

七尾市の地図g

 埋文説明文
 【古墳時代終末期、奈良・平安時代〜中世】の遺跡
  西の眉丈山系と東の石動山系に挟まれた邑知地溝帯の北端にある。
  1970(昭和45)年以来、数回の確認調査で法起寺式の伽藍配置を確認、
      国史跡に指定され現在は史跡公園になる。
  古府・国分遺跡(フルコ・コクブイセキ)では、
    国分寺の経営に関わる建物群や瓦塔、硯など寺院関連遺物が確認されている。

今回の調査区


調査区には、新しい道路ができ、
その横では、
七尾博物館の建設が進んでいる。

B区 掘立柱建物群 
 (埋文展示から)

出土した 土師器・甑  須恵器・双耳瓶
(埋文展示から)

出土物展示の様子

(埋文展示から)

能登国分寺展示館は、冬季閉鎖中だった・・・。

 能登国分寺公園
  能登国分寺は、平安時代初めの承和10年(843)につくられ、
   疫病や飢饉、反乱などによる国内の乱れを仏教の教えにより抑え、
    平安な世にする祈りの場として400年間栄えた寺である。

  昭和45年から発掘調査を行い、49年に国史跡となる。
  平成元年から文化庁の「ふるさと歴史の広場」事業として整備を始め、平成4年にオープン。


能登国分寺跡案内図


1000年前の姿そのままに復原された
 南門と塀をはじめ、
 塔、金堂、講堂、回廊などの建物跡の
 遺構を整備してある。

能登国分寺公園

 復原された南門と塀

中門跡

回廊跡

塔跡

講堂跡と回廊

北門跡

中門跡から見た南門

昨年は七尾市で「国府サミット」が開催されたというが、
「古代こしのくに特産品」がテーマだったので行かなかった。

四柳白山下遺跡

羽咋市四柳
撮影日 2017/12/9
2018/3/4

石川県埋蔵文化財センターのホール展「口能登・中能登の古代遺跡」に紹介されていた遺跡。

羽咋市の地図g

 埋文説明文
 【縄文時代〜江戸時代初頭】の遺跡
  土砂災害の痕跡が残る遺跡
  碁石ヶ峰山地から邑知地溝帯に伸びる小扇状地上にあり、
    土砂や土石流に覆われた各時代の生活面が累積して確認された。
  7年間の調査のうち、奈良〜平安時代を中心とする1・2次調査では、
    各種の墨書土器、帯金具、木沓、和同開珎などの特徴的なものが出土し、
     火を受けた赤彩土器などの呪いの様子も見られる。

調査地の航空写真
 (埋文展示から)

現在の四柳白山下遺跡 (撮影日2018/3/4)
調査区には、新しい道路ができている。

奈良・平安時代の水田と用排水施設
(埋文展示から)

木沓出土状況
(埋文展示から)

出土物
(埋文展示から)

出土物展示 大甕や大瓶なども出土している
(埋文展示から)

トップページ