北村さんちの遺跡めぐり
更新日2011/8/28

長泉寺山古墳群 2011/6/14 

福井県鯖江市の西山公園のある山にも古墳がある。西山と云われているが、本当は長泉寺山という。

地図g

西山公園出入口4という所から公園に入る。
土曜日ということで、園内は保育園の親子遠足でにぎわっている。
西山動物園を横目で見ながら、涼しそうな木陰を探して、昼食を食べ、
その後、三角点のある長泉寺山頂上へ。
標高112.6mにある頂上は展望台となっている。
ここから北へ、遊歩道を行く。

たくさんの石像が置かれた遊歩道。ドラえもんの石像などもある。


長泉寺山21号墳

 10mほどの円墳
遊歩道で半壊




古墳の上や横に遊歩道が続いている。





長泉寺山36号墳

径21.5mの円墳







長泉寺山42号墳後円部

全長42.4mの前方後円墳

円墳と方墳の2基の可能性も・・・・・





妙見堂

地図には寺の印があるが、
建物はすでになく、傾いた燈籠と崩れそうな石段が残る。

ここに古墳のマークはないが、
古墳の上に建物が建てられていたような感じだ。


妙見堂から北に行き、山を下りる。
この後、「まなべの館」を見学し、長泉寺山古墳群の資料を頂く。



長泉寺山古墳群配置図
(まなべの館でいただいた資料から作成)

長泉寺山古墳群最大の前方後円墳の67号墳には、
市役所の奥から登れるらしい。

今回はこの67号墳も見逃してしまった。


 No  墳形 辺(径)m   高さm 備考    No  墳形 辺(径)m   高さm  
 1  方   13.9X13.4  2.6  西山1号墳    41  円  10.5  0.9  
 2  方  11.4X10.2  2.6  西山3号墳    42 前方後円  24.4  3.3  円墳と方墳の2基か?
 3  方  12,4X11.0  2.3  西山4号墳    43  円  16.5  1.0  
 4  方  10X10  1.0  東側削平 西山5号墳    44  円  10.0  0.5  
 5  方  10X10  1.2  東側削平    45  円  9.0  1.0  
 6  方  15.0X14.2  2.8  東、西に溝あり 西山8号墳    46  円  14.2  1.7  
 7  円  10.2  1.1  半壊 調査済    47  方  10.0X8.2  1.5  
 8  方  14.8X ?  1.0  半壊 調査済    48  円  11.0  1,7  
 9  円  16.4  2.8  半壊 調査済    49  円   11.5  1.4  
 10  方  7.8X7.4  0.8  墳頂部削平    50  方  11.8X11.0  1.7  
 11  円  17.5  4.2  北側一部削平    51  方  7.2X6.0  0.9  
 12  円  9.3  2.0  南東部テラスあり    52  方  8.0X7.8  1.1  
 13  円  9.6  1.4      53  円  9.8  1.0  
 14  方  11.4X10.9  2.3      54  方  10X7  2  階段状
 15  円  20.0  2.4  北東部テラスあり    55  方  10X7  2  階段状
 16  方  14.4X11.5  0.7  南東部テラスあり    56  方  10X7  2  階段状
 17  方  9.5X8.1  0.5      57  円  10  1  半壊
 18  円  16.5  0.6      58  方  17.5X17.5  2.1  
 19  方  12.5X7  2.8      59  方  20.8X18.5  1.9  
 20  円  10.7  0.5  半壊    60  方  6.7X6.0  1.0  
 21  円  12.0  1.0  半壊    61  円  15.9  1.8  
 22  方  12.5X10.0  1.7      62  円  15.5  1.4  半壊
 23  円  10.2  1.7      63  円  8.9  0.5  半壊
 24  方  10X10  2  階段状    64  円  18.5  2.2  北側一部削平
 25  方  10X10  2  階段状    65  方  12.2X10.0  1.2  
 26  方  10X10  2  階段状    66  円  15.5  1.6  墳頂部削平
 南側テラスあり
 27  方  10X10  2  階段状    67 前方後円  52.0  7.0  長泉寺山古墳
 北側一部削平
 28  方  10X10  2  階段状    68  方  12.1X10.0  2.2  
 29  円  18.0  2.2      69  方  5X5  1  半壊 階段状
 30  円  18.5  3.5      70  方  5X5  1  半壊 階段状
 31  円  5.5  0.5  半壊    71  円  11.5  1.0  中央部削平
 溝をはさんで西側に土塁
 32  円  17.3  1.2  中央部削平    72  円  14.2  1.5  中央部削平
 33  方  10.0X8.0  0.5  中央部削平    A  円      高山1号墳 (消滅)
 34  円  9.5  0.7  中央部削平    B  方      高山5号墳 (消滅)
 35  円  8.9  1.0      C  方      高山4号墳 (消滅)
 36  円  21.5  2.4      D  方      高山3号墳 (消滅)
 37  方  6.5X6.4  0.7      E  方      高山2号墳 (消滅)
 38  円  11.3  0.7      F  方      高山6号墳 (消滅)
 39  円  11.5  1.3      G  方      白山1号墳 (消滅)
 40  円  13.4  0.9      H  円      茶臼山古墳 (消滅)

1953年西山支群の一部が発掘され、1956年には、西山支群の一角から弥生時代の有鈎銅釧が発見された。
1965年、高山支群の調査が行われ、合計5基の墳墓が明らかにされた。
高山支群の古墳は、
 墳丘封土をほとんど持たず、四辺に溝をめぐらせて墓域を画するもの
 内部主体も木棺をもたない土壙
 副葬品もほとんど伴わない。
 主体部上に土器群を埋置する方法をとる。
 出土土器から4世紀代前半の築造と推定されている。

1989年には、7、8、9号墳が調査された。
 3基とも採土工事のため墳丘の半分が失われていたが、
 7、8号墳径約10mの円墳で周溝がめぐる
 7号墳からは、鉄刀・鉄鏃・刀子・やりがんなが出土。
 9号墳径20mの円墳とも思えるが、失われた半分に前方部が存在した可能性が高い
  その場合、全長30m前後の前方後円墳と推定される。
  乳文鏡1・碧玉製石釧1・ガラス小玉1・碧玉製管玉2が出土。
  9号墳は、古墳時代前期前半の築造と推定される。
                    (参考・・古墳辞典)

先に長泉寺山の資料をもらってから、山に入ればよかったのに、
逆となり、古墳の特定がむずかしかった。
今度は資料をもって、古墳を確認しながら歩いてみたい。

帰り道、ゆりの里公園(坂井市春江町石塚)のゆりを見学。



一面の百合

時期が少し早い
あと2週間もすれば満開となるだろう。


坂井市の地図

この後、福井市の水切古墳により帰宅した。
  水切古墳のページ

福井県の遺跡トップへ

トップへージ