更新日2017/10/14

2017年・静岡県西部と愛知県東部

その11 愛知県安城市2
撮影日2017/3/29〜4/1

安城市桜井古墳群の見学その2・・・。

愛知県東部の地図g

まず、桜井古墳群の概要から・・・。

安城市・桜井古墳群について 安城市古井町・桜井町・姫小川町ほか
撮影日2017/4/1

安城市のホームページには、桜井古墳群のページがある。
桜井古墳群の保存整備に向けて、調査が随時行われているようだ。
このページを作るにあたり、安城市のホームページを大いに参考にさせていただいた。

 桜井古墳群は、矢作川流域の古墳時代前期を代表する古墳群。
  碧海台地の東縁部を中心に、大小20基ほどの古墳が確認されている
  代表的な古墳は、二子古墳(全長68mの前方後方墳)と姫小川古墳(全長65m以上の前方後円墳)
 桜井古墳群の特徴
  古墳時代前期を中心とする古墳群
  前方後円墳と前方後方墳が同時に存在している古墳群。
  墳丘には、葺石がない。
  古墳周辺には、その時代の遺跡も多く確認されていて、その時代の社会のありかたがわかる。
  矢作川流域における最古級の古墳が存在する。


安城市桜井古墳群配置図
  いろいろなデータをもとに作成した。

古墳番号は、安城市のホームページに合わせた。

 名前  墳形  大きさ
1  塚越古墳 前方後円(方)墳 墳丘長42m
2  愛染古墳 円墳 推定径24m
4  東川古墳 不明  
5  印内北分1号墳
    ・2号墳 
不明  
6  二子古墳 前方後方墳 全長68.2m
7  碧海山古墳 円墳か  
8  堀内古墳 円墳か 復元径23m
9  比蘇山古墳 前方後円(方)墳か  
10  山伏塚古墳 円墳か  
11  もも塚古墳 円墳か 現状20m四方
12  獅子塚古墳 前方後円(方)墳  
13  姫塚古墳 方墳か円墳 現状20m×18m
14  八ツ塚古墳 円墳か 消滅 詳細不明
15  姫小川古墳 前方後円墳 墳丘長65m以上
16  王塚古墳 円墳か 現状14m×22m
17  加美古墳 円墳か 不明
20  崖古墳 古墳ではない可能性 不明
21  姫古墳 古墳ではない可能性 不明
22  姫地下坑 盛り土のないくぼみ
平安時代の貯蔵庫とする説もある
 
23  亀塚古墳 消滅

22番・23番は安城市のホームページにはないが、追加した。

桜井町の古墳を、北部の桜井古墳群二 子古墳、印内北分1号墳、比蘇山古墳、碧海山古墳、堀内古墳、もも塚古墳ほか)と
   南部の姫小川古墳群獅子塚古墳、八ッ塚古墳、姫塚古墳、崖古墳、姫小川古墳、王塚古墳ほか)に分けて紹介する。

前回は安城市桜井古墳群の南部を見学、今回は北部の見学です!

もも塚古墳 (11番)
(桜井古墳群)
安城市桜井町
撮影日2017/4/1

墳丘上に八幡社の社殿がある。

八幡宮の説明板があるが、古墳の説明はない。
グーグルマップでは「下谷八幡神社」となっている。

 八幡宮は 祭神は応神天皇
  桜井城初代城主松平内膳正信定公が大永年間(1521〜)居城のとき城の鎮守として勧請され、
   城八幡宮と申し伝えられて、6代目城主松平家廣が遠州国へ移封にあたり菩提寺に寄進された。
              (八幡宮社誌の説明板から)

 もも塚古墳は  現状は、約20m四方の石垣に囲まれ、墳丘の大きさや形は不明

南から見たもも塚古墳

石柱には八幡社と刻まれている

墳丘上の社殿 拝殿 この後ろに本殿がある。

北東から見たもも塚古墳

        

堀内古墳 (8番)
市指定史跡
(桜井古墳群)
安城市堀内町
撮影日2017/4/1

この堀内古墳のすぐ北には、子供薬師や堀内貝塚がある。 
説明板がある。

 堀内古墳は  墳頂に天満社の社殿が建てられていることから、天満山古墳とも呼ばれている
  現状では、南北24m・東西21m。
  発掘調査の結果、径23mの円墳に復元され、高さ4.5m
  墳頂部は径12mほどの平坦地になっているが、天満社造営のために改変されたと考えられている。
  墳丘の周囲には周溝の可能性がある溝がある。


墳丘図
   (平成22年の範囲確認調査時・(安城市ホームページから)


前方部が南に延びる前方後円(方)墳という説もあったが、
調査の結果、
前方部の痕跡は確認されず、円墳と判断された。


ふもとにも小社がある立派な神社だ

南西から見ると
台の上に墳丘が乗っているように見える

南から見た古墳墳丘
左の石碑には「天満山古墳」、右の石碑には「天神社」
と刻まれている。

墳丘上の社殿
 右の鳥居の幟には「稲荷大明神」とある。

   

碧海山古墳 (7番)
市指定史跡
(桜井古墳群)
安城市桜井町
撮影日2017/4/1

堀内古墳から東に約200m。説明板がある。

 碧海山古墳は 一部破壊されているが、径25m・高さ4mの円墳に推定復元される。
  墳頂は6×10m前後の平坦面がある。
  古墳時代前半の築造と推定されている。
  四方を道路や宅地で削り取られている。

  この地は碧海郡の郷名の発祥の地と伝えられていて、
    倭姫命の神霊を祈りて社を建て、碧海大明神と称し、里人の崇敬を受けていた。
            (説明板から)




西から見た碧海山古墳

南西から見た墳丘

墳丘頂

   

桜井神社
市指定史跡
   比蘇山古墳
 (9番)
(桜井古墳群)
安城市桜井町
撮影日2017/4/1

桜井神社のあるところは、比蘇山古墳だそうだ。
立派な神社で、駐車場・トイレ完備だ。
市指定建造物の桜井神社本殿、 市指定史跡の桜井神社の説明板があるが、
比蘇山古墳の説明板はない。

 「市指定史跡 三河三白山・桜井神社」
  三河三白山とは 上条白山媛神社、大岡白山神社、桜井神社の総称
  徳川家康の祖父松平清康は出陣に当たり、これらの神社に武運長久を祈願したという。
  家康もそれにならってこれらの三社に社領を寄進した。
  由来は平安時代以前にさかのぼる。
   「桜井天神」「神明社」「白山社」などと名乗った時期もあり、
   江戸時代には、「桜井権現」と呼ばれ、現在は「桜井神社」と改称されている。

 「桜井神社本殿」
  桜井神社は、平安時代の「神名帳」に従五位桜井天神と記載されている古社。
  棟板から、1527年(大永7年)に桜井城主松平親房が社殿(当時は神明社)を造営し、
    1610年(慶長15)に米津清右衛門親勝が修業し、白山社としたことがわかる。
  本殿は流造で、切妻造、平入りの屋根に向拝をつけ一流れにしたもの。
  随所に室町時代の神社建築の様式をとどめる貴重な建造物

桜井神社

桜井神社 拝殿  後ろに本殿
 比蘇山古墳は 前方後円(方)墳か。  時期不明   全長60mほどか
  「資料編 桜井町の古墳」では桜井神社本殿に後円部、拝殿に前方部があったと伝わる。
  その中で古老の話として、本殿改築時に後円部を平坦にしたという。
                                 (安城市ホームページから)


桜井神社の
左・本殿  右拝殿
は古墳の上に乗っている。


古墳だと言われないと
わからない・・・。



北から見た後円部

頂部に本殿がある。
向こう側に前方部。

  

二子古墳
国指定史跡
(桜井古墳群)
安城市桜井町
撮影日2017/4/1

桜井神社の北、新幹線の西側にある。

 二子古墳  国指定史跡
 全長68.2mの前方後円墳
  前方部幅29.6m・前方部高さ4.3m、後方部幅36.2m後方部高さ7.0m
  矢作川流域では吉良町の正法寺古墳に次ぐ大きさ
 低い前方部と比較して後方部を高く盛り上げ、墳丘を大きく見せている。
 葺石なし
 発掘はしていないので、埋葬施設は不明
 3世紀後半〜4世紀初頭の築造と推定されている。

二子古墳墳丘図
            (説明板から)

200(平成15年)3年に範囲確認調査

ほかに周辺の調査が数回行われている。
   (桜林遺跡・二夕子遺跡など)



南西から見た二子古墳

二子古墳 前方部側 登り口

前方部から後方部を見る

前方部裾から後方部を見る

後方部頂
「桜井天神社古趾」と刻まれた石柱が立つ。

後方部から前方部を見る

前方部斜め後ろから見る二子古墳

二子古墳の東側は二夕子遺跡。説明板がある。

 二夕子遺跡   市指定史跡
 主に弥生時代後期〜古墳時代前期の遺跡
 二子古墳の東側一帯の低地に広がり、鹿乗川流域遺跡群の中の一つ
 1961年(昭和36)に、東海道新幹線建設に伴い、発掘調査
  八角形の木を柱とする竪穴住居跡をはじめ壺、甕、高杯などの土器が多数出土
  各種の木製品や銅鏃1も見つかっている。
 他に、古墳〜平安時代の溝などもが見つかっている。
                        (説明板・安城市ホームページから)




二子古墳から見た二夕子遺跡

新幹線の高架の手前に
  遺跡が広がっている。

二子古墳の南側は桜林遺跡である。

 桜林遺跡
 碧海台地の東の端から南に向かって広がる沖積地に立地してい.る。
 すぐ北側に二子古墳があり、その前方部と接している。
 1994(平成6)年〜1995(平成7)年に発掘調査。
  調査の結果、古墳に沿うように南北に走る溝と、
   南に向かって落ちていく湿地状の地形、それに伴う多量の土器が見つかった。
 古墳時代から平安時代にかけての遺跡と考えられている。
                                       (安城市ホームページから)

桜林遺跡から見た二子古墳

桜林遺跡は
二子古墳の南側、
現在、駐車場になっているあたりだ。

   

印内北分1号古墳
インナイキタワケ
(桜井古墳群)
安城市桜井町
撮影日2017/4/1

桜井神社境内の「歴史の散歩道」という案内板(地図)に印内北分1号墳が掲載されていたので、見学に行くが、道がせまい・・・。


「安城 歴史の散歩道」の案内板
 この案内板は桜井神社前にあるもの

この形式の案内板が、要所要所に立てられている。
この地図を見ながら、史跡を見学する。


 印内北分1号古墳は 墳形は不明、時期も特定できない
  現状で南北10m東西10m高さ1.7mの古墳とされている。
  墳頂部中央に花崗岩が一枚露出していたとされていて、現在も石が見える。
  墳頂部は少しくぼんでいるので、横穴式石室の可能性があるが、詳細不明。
  明治時代に盗掘されて、刀剣・玉類が出土したと伝えられているが、所在不明。
  2010(平成22)年に1号墳南側の個人住宅建設時に確認調査。

 そばには2号古墳があったらしいが、消滅か?            (安城市ホームページから)


南から見た印内北分1号古墳


墓地になっている。

手前の民家建築の際に調査が行われたという

墳丘には石材がいくつか見えている。

普通車でギリギリの道幅で、抜け出せるか心配だった・・・。

愛染古墳 (2番)
(桜井古墳群)
安城市古井町
撮影日2017/4/1

桜井古墳群は、碧海台地の東端にあるものが多いが、この古墳は奥まったところにある。

 愛染古墳は  径24m・高さ6mほどの円墳と想定されている。
  現在は南北24m、東西15m、高さ2m
  墳頂部はかなり削られている
  埋葬施設は不明
 由緒書によると、
   濃尾地震(明治24年)の時、墳頂にあった堂が全壊したため、墳丘を4mほど掘り再建した。
  その際に太刀、刀剣類が出土したため、本堂下に埋納したと伝えられている。
 北から入り込む谷の最奥部に位置していると考えられている。
 2000(平成12年)に墳丘測量調査。           (安城市ホームページから)

東南から見た墳丘

西から見た墳丘

南から見た墳丘

墳頂の明王堂は、老朽化で鉄製支柱で支えられている。

愛染古墳の南側には、薬師堂がある。

午後5時ころ、家路につく。
5時40分に、岡崎IC
午後7時半ころ、賤ヶ岳SAで夕食
9時40分、自宅着

帰ってから安城市桜井古墳群の「塚越古墳」の見学を忘れていたことに気が付いたが、あとのまつり・・・・。

静岡県西部と愛知県東部の旅 終わり

トップページ