北村さんちの遺跡めぐり
更新日2019/8/30

近江の古墳・遺跡2019
その5 長浜市1・高島市
2019/5/5・6

ゴールデンウイークの10連休の最後の2日間で、滋賀県へ。
孫の顔を見に行ったのだが、孫の顔見たのは30分、他は遺跡めぐり。
今年2月の続きで、「近江の古墳・遺跡2019その5」となる。

5/5 6時50分 自宅発
8時10分 敦賀ICから8号線を南下、湖西線に沿って進むと
8時30分 塩津丸山古墳 着。

地図g

塩津丸山古墳群
県指定史跡
長浜市塩津
 (撮影日2019/5/5)

前方後円墳だと思って見学したのは、円墳の4号墳だったようだ…。

 塩津丸山4号墳
 径28m・高さ1.5mの円墳

湖西線の高架下にある。

墳丘

墳頂部

山麓に、4基の古墳が並んでいるようだ。

 塩津丸山古墳群   県指定史跡
 前方後円墳1基・円墳3基で構成されている。
 発掘調査は行われていない。
 古墳時代前期~中期にかけての築造と推定されている。
 3・4号墳は、1号墳に続く墳墓と考えられている。

塩津丸山古墳群1・2号墳
 墳丘測量図


(HP長浜市の遺跡から)
 1号墳 前方後円墳 全長21.5m
後円部径12m
前方部先端幅13.5m
尾根の南端に立地
前方部を北東に向ける
葺石なし 埴輪なし
2号墳  円墳 径9m・高さ1m 1号墳のそばにある。
葺石なし 埴輪なし
1号墳の陪塚か
3号墳  円墳 径30m・高さ4m 1・2号墳の北約100m
葺石なし 埴輪なし
4号墳  円墳 径28m・高さ1.5m 3号墳の北約100m
元は、尾根の先端部にあった

1号墳は、4号墳の200mほど南にあることになる。

浅井パーキングで、トイレ休憩。

妙見山古墳群
ミョウケンヤマコフングン
高島市今津町福岡他
 (撮影日2019/5/5)

平ケ崎王塚古墳の南にある妙見山には古墳群がある。
妙見山は、北側が宗教施設、南側が住宅開発地となっているが、南側は私有地で立ち入り禁止となっているらしい。
知らずに入り込み、追い出されてしまった…。
滋賀県の資料には、妙見山古墳群の詳細図があり、一部発掘されている。

妙見山古墳群は日置前遺跡群(ヒオキマエイセキグン)の東にある妙見山丘陵に築かれた古墳群。
妙見山丘陵は、面積30万㎡、比高差約30mの北西方向に延びる楕円形の独立丘陵。

円墳と方墳が約80基確認されている。
立地から大きくA~F支群の6つのグループに分かれ、
標高125~130mの最高所に築かれたA支群を始め、
丘陵尾根上だけでなく、丘陵の北東および南東側の斜面にも広がっている。
すぐ北側に所在する王塚古墳群と、一体となる可能性もある。
 古墳は、3世紀末~7世紀後半の築造と推定されていて、
古墳時代のほぼ全期間にわたって続いていたと考えられている。

妙見山古墳群分布図
(古墳辞典から)

見学できた3号墳と10号墳を赤で示している

上にある大きい円墳が、平ケ崎王塚古墳で、
 近年は東側に前方部がある前方後円墳
 ではないかといわれている。

住宅地としてつくられた道路に残されているのが、
3号墳と10号墳
立入禁止の場所なので、小さく掲載する…。


3号墳

10号墳

3号墳と10号墳の間の林の中には、群中最大級の1号墳・2号墳が残っているようだ。

建速神社古墳群
タテハヤジンジャコフングン
高島市新旭町饗庭(アイバ)
 (撮影日2019/5/5)

地図を見ていたら、建速神社古墳群とあるので、寄ってみる。
詳しいことは、わからないが、6基ほどの墳丘が確認できた。
仮3号墳と仮4号墳には、石室跡とみられる大穴があいている。


「建速神社古墳群」の石碑と説明板

説明板はほとんど読めなくなっている
10~20mほどの古墳が何基かあり、
 大部分が横穴式石室だということは
 読めるのだが…。
境内は、
 墳丘らしき盛り上がりが、いくつもある。

建速神社(仮)1号墳

建速神社(仮)2号墳、 右奥仮1号墳

建速神社(仮)3号墳 

建速神社(仮)3号墳 墳頂部の大穴

建速神社(仮)4号墳

建速神社(仮)4号墳 墳頂部の大穴


建速神社(仮)5号墳
小屋に寄り添うようにある。


建速神社社殿は、古墳の上に建っている。
(建速神社(仮)6号墳とする)



(仮)1号墳~(仮)6号墳の大体の位置


(仮)1号墳と(仮)2号墳は、合わせて前方後円墳に見えるが…、どうなんでしょうね。  

大國主神社古墳群 高島市新旭町饗庭(アイバ)
 (撮影日2019/5/5)

地図を見ていたら、大國主神社古墳群とあるので、寄ってみる。
建速神社の南約2km。
詳しいことは分からない…。


大國主神社

大國主神社古墳群?

5月の祭礼が終わったばかりらしい・・・。

白鬚神社古墳群 高島市鵜川
 (撮影日2019/5/5)

白鬚神社は2度目の訪問だ。

 白鬚神社

白鬚神社大鳥居 琵琶湖の中に立っている

白鬚神社 境内

白鬚神社背後の斜面を登る。

 白鬚神社古墳群は、白髭神社社殿背後の斜面にある。
 1号墳は、本殿の裏山に登ると、石室を保存するように建物が建ち、岩戸社となっている。
  横穴式石室は全長6m、玄室長2.5m・幅2m・高さ1.1m、羨道長3.5m・幅1.2m・高さ1mの両袖式

岩戸社(1号墳)
  

岩戸社内部の横穴式石室
  

1号墳の天井石 奥は岩戸社の屋根
 2号墳は、1号墳のすぐ右奧にある。

2号墳

墳頂が陥没し、石材が散乱。

そのほかの墳丘 その1

そのほかの墳丘 その2

埋葬施設の辺りが陥没している墳丘もあるが、写真ではよく分からないので、載せないことにする。  

鵜川四十八躰仏と古墳 高島市勝野
 (撮影日2019/5/5)

白鬚神社から北東に約400mに、四十八躰仏への案内板があり、脇道を登ったところにある。
四十八躰仏の背後は、墓地となっている。

 鵜川四十八躰仏   県指定史跡
 石仏の大きさは、それぞれ多少の差はあるが、
  像高約1.6m、顔長0.5m、肩幅0.76m、膝高0.46m、膝幅1.3m。
 地元の比良石といわれる花崗岩製で、いずれも定印を結んだ丸彫りの阿弥陀如来像である。
 現在は33体だが、元々は48体が東を向いて鎮座していた。
 不足のうち13体は江戸時代前期に坂本の慈眼堂(大津市)に移され、
  2体は昭和62年(1987)に盗難にあった。
 伝承によると、天文22年(1553)に近江半国の守護職であり観音寺城主であった佐々木六角義賢が、
  亡き母の菩提を弔うため建立したとされている。
 しかし、冷泉為広の「為広越後下向日記」延徳3年(1491)に、
  船で琵琶湖の西側を北上し、白鬚神社へと進んだところで、
  「次に廿八躰の石の阿弥陀あり」と記されており、
  この時すでに石仏群が存在したとわかる。
 さらに、永享8年(1436)、周辺の境界争いの記録に、
  「四拾八躰」の文字があり、四十八躰石仏がそのころにはすでに存在し、
  境界の目印として認識されていたといえる。
 四十八という数は、阿弥四十八願という信仰に因む、阿弥陀仏に対する供養信仰に基づくものである。
 大きな丸彫り阿弥陀仏が四十八体も造られ、また一ヶ所に祀られているところは他にはないようである。
  (現地説明板から)

鵜川四十八躰仏

鵜川四十八躰仏の東屋の横に、石室が開口している。

 四十八体古墳群
 古墳群だが、現存は1基。
 玄室の奥側しか残っていない。 現存長3m・幅1.5m。

東屋横に石室が開口

天井石前面には、梵字が刻まれている。

石室内部

埋まっているのか?

昔は、ここから琵琶湖が見えたようだが、今は森の中…。

打下古墳
ウチオロシコフン
高島市勝野
 (撮影日2019/5/5)

四十八躰仏の登り口から北へ、道なりに約1km。
東麓の日吉神社に駐車、北側の山道を水道塔まで登ると、水道タンクそばに整備保存された墳丘がある。 

 打下古墳
 平成13年、工事中に発見された。
 箱式石棺(内法長さ205cm・最大幅42cm・深さ30cm)の中には、
  良好な人骨と鉄剣・鉄刀が納められ、壁面は朱で赤く塗られていた。
 棺外から、鉄鏃が一束 置かれていた。
 鉄鏃の型式から5世紀代の築造と推定されている。
 被葬者については、身長150cm、年齢40才前後の男性と推定されている。
 明神岬を治めた人物と考えられている。
  (平成15年 高島町教育委員会の説明板から)

手前から見た墳丘

方向を変えて見る

墳頂部

墳頂には、説明文が刻まれた石碑がある。

水道タンク上の
 高台から見た景色


琵琶湖が一望!

中央が打下古墳!




お昼になったので、「道の駅 妹子の郷」で昼食。

トップページ