掲載日 2014/3/20

近畿の古墳めぐり2013晩秋その1
牧野車塚古墳ほか
2013/11/27

大阪にいる長男一家が引越しをしたというので、大阪へ。
その前に、枚方市と四条畷市の古墳見学へ。

5時:57分 徳光IC
6時27分 福井県入る
6時50分 北鯖江PA 休憩
8時30~40分 草津PA 休憩
8時43分 京滋バイパスに入る。
8時56分 小椋ICから国道1号線へ

枚方市周辺の地図

牧野車塚古墳
国史跡

枚方市車塚1-369
 (撮影日2013/11/27)

9時27分、枚方市立中央図書館駐車場に駐車。
そばの「輝きプラザきらら」では、「第16回輝きプラザきらら文化財展示会「ひらかたの歴史」が開催されていた。
禁野車塚古墳・牧野車塚古墳などで出土した埴輪などが展示されている。
見学後、隣りにある車塚公園へ。墳丘に上がれる古墳だ。


空から見た牧野車塚古墳
  (輝きプラザきらら内展示から)
牧野車塚古墳
 穂谷川左岸に望む交野台地状の標高22m付近に立地
全長107.5mの前方後円墳
後円部54.5m 前方部幅44m  2段築成
前方部を東に向ける。
幅10mの空濠がめぐっている。西側から南側にかけて外堤が設けられている。
築造当時は二重濠だった。
葺石はみとめられない。 埴輪はある。
埋葬施設は不明
形状から4世紀前半の築造と推定されている。
付近には、赤塚・権現塚・子供塚・ショーガ塚などの地名が知られており、
  かつては古墳群があったと考えられている。   (説明板から)

出土品展示
   (輝きプラザきらら内展示から)

円筒埴輪      鰭付埴輪

下の二つは 線刻のある埴輪片

北東から見た牧野車塚古墳

左手前 前方部

右奥 後円部

周壕跡の向こうに
浮かんでいるように見える

手前・外堤 奥・前方部前面

前方部から後円部を見る

後円部頂

後円部から前方部を見る

後円部から外堤を見る

左から 外堤  濠  後円部

外堤から後円部を見る

後円部脇から前方部方向を見る 右は外堤

外堤上にある陪塚のような高まり

外堤への上がり口  奥に後円部


禁野車塚古墳
国史跡

枚方市 宮之阪5-381
 (撮影日2013/11/27)

牧野車塚古墳から南に約2.5km、国道1号線のすぐ北、京阪交野線の線路西側に墳丘。
前方部は広場(史跡公園)となっている。駐車場はない。 10時20分 着。


空から見た禁野車塚古墳
  (輝きプラザきらら内展示から)

禁野車塚古墳は、全長110mの前方後円墳
後円部直径57m高さ9.9m 前方部の幅40m
前方部を西に向ける
前方部はかなり削られている。
後円部は2段築成
葺石あり 埴輪あり
後円部に板石があるので、埋葬施設は竪穴式石室である可能性がある。
4世紀末~5世紀初頭の築造と推定されている。

出土品展示
 (輝きプラザきらら内展示から)

上   埴輪片

下   石製腕飾類  管玉

東から見た墳丘(後円部側)
京阪交野線の線路がある。

西(天野川の堤防)から見た墳丘
広場になっている所が前方部、 奥が後円部

前方部から後円部を見る

後円部頂

後円部側から前方部を見る

前方部の向こうには天野川が流れている。

道を間違えてモタモタ・・・・・11時過ぎ、 枚方市東香里のつたやでトイレ休憩、
ナビをリセットして、、四条畷市へ。

忍岡古墳
シノブガオカコフン
府指定史跡

四条畷市岡山2
 (撮影日2013/11/27)

墳丘は忍陵(シノブガオカ)神社となっている。 11時30分 着。
東側の神社脇に駐車できる。南側にある駐車場は月極の駐車場だそうだ。


忍岡古墳 実測図  (説明板から)
上が東側。

忍岡古墳は 前方部を東に向ける
全長87mの前方後円墳 
 後円部径45m・高6m 標高36mにある。
墳丘には円筒埴輪が並ぶ
昭和9(1934)年、室戸台風によって忍陵神社が倒壊、
  その再建工事中に石室が発見され、その後調査。

忍岡古墳石室実測図 (説明板から)
長さ6.3m・幅1m・高0.75mの竪穴式石室で、
   兵庫県猪名川産の板状の石を
  丁寧に積み上げている。
盗掘により大半が失われていたが、
 紡錘車・鍬形石・石釧(碧玉製)や
  小札・剣・鉾・刀子・鏃・鎌などが出土
4世紀中ごろの築造と推定されている。

東側から見た墳丘(前方部)

前方部から後円部を見る

後円部から前方部を見る
  

西側から見た後円部
奥が前方部

後円部頂に建つ忍陵神社
 左・新築されたばかりの社殿 
 右・石室覆い屋

忍陵神社は、地元の鎮守様である。
石室覆い屋は昭和10年に建てられたが、 平成7(1995)年、阪神大震災で傾いたのを機に、
 覆い屋再建が計画され、平成14年新しい覆い屋が完成した。

覆い屋の格子穴からみた石室 南側から

覆い屋の格子穴からみた石室 北側から


昼食は、長男一家の自宅近くの餃子の王将。
昼食後、孫たちと再会・・・・・。
夕方、岡町商店街へ。

豊中市の地図

桜塚碑・荒神塚
桜塚古墳群

豊中市桜塚1丁目
 撮影日2013/11/27

豊中市役所の南側周辺から阪急岡町駅の西側にかけて、かつて桜塚古墳群があった。
阪急岡町駅の東側にある岡町商店街には、桜塚の碑がある。

桜塚碑
原田神社そばにある。


中央の大きな碑には上方に「桜塚碑」と刻まれ、
  中ほどに碑文が刻まれていたようだが、
  碑文はほとんど読めない
右側の石柱には「荒神塚」と刻まれている。
横にある解説文には
「桜塚地区には多数の古墳が存在した。墳域に桜を植えて桜塚と称し、これが村名の由来になった。
この碑がある所にも古墳があったと考えられているが、
隣地にあった大古墳「荒神塚」が破壊された時に桜の大木の根っこが掘り出されたことから、
これが本当の桜塚だろうと豊中市史には記されている。」
などと書かれている。

読めなくなった碑文の内容
大阪府豊能郡桜塚は元豊島郡の古名村で、48の塚があり、
  応神仁徳の時代から平安時代初めにかけてのものである。
これらの古墳の被葬者は豊島郡内の豪族で、国家に功労あった氏族だから、
  桜を植えて墳域を飾り、桜塚と称した。
これが村名の由来であるから、村内有志が相謀り碑を建ててこれを顕彰する 
     (大正12年 建立)
(豊中たずねある記・サンケイ新聞生活情センターから抜粋 豊中市の図書館所蔵の本から)


原田神社 正面入り口

原田神社の社伝によると、
 桜塚古墳群の故地に創建されたとされる。

本殿は国指定の重要文化財。
摂社十二神社本殿は豊中市指定文化財

    豊中市・桜塚古墳群配置図

詳しくは豊中市のページをご覧ください

長男一家の旧宅に宿泊1日目。

神戸の古墳につづく

大阪の遺跡トップ

トップページ