更新日2016/3/25

大阪南部から和歌山県へ
その6  紀の川中流域の古墳
2015/12/3~12/6

第2日目、平池周辺を見学して、岩出市の船戸古墳群にむかう。午後2時半を過ぎた。

和歌山県の地図g

船戸古墳群
県指定史跡
岩出市船戸
2015/12/4

JR船戸駅南の丘陵にある船戸山自治会(町内会か)の西側に保存されているが、個人所有のため、未整備だ。
1号墳と2号墳には入室できる石室が完存。
説明板は以前はあったようだが、今は見当たらない・・・。

 船戸古墳群は 7基の古墳が確認されていて、1・2・3号墳が県指定史跡となっている。
 船戸1号墳は 径10mの円墳   現在、最高所(標高70m)にある。
  西に開口する
両袖式横穴式石室は、緑泥片岩の割石で築かれていて、
   全長5.6m  玄室長2.1m・幅1.7m・高さ1.6m  、羨道長2m・幅0.8m
   石棚、梁はない。

1号墳 墳丘

横穴式石室入口

玄室内部

玄室内部から外を見る
 船戸2号墳は、径15mの円墳  1号墳から西に10m低い位置にある
  羨道と石棚、石障をもつ
横穴式石室いわゆる岩橋型石室が開口している。
  金環などの装身具、刀剣、馬具、土器などが出土
  
6世紀後半の築造と推定されている。
 船戸3号墳は、横穴式石室と小型の竪穴式石室が発見されている。
  
6世紀中頃から後半の築造と推定されている。
  ミニチュアの竃・甕・甑のセットや土師器の炊飯器などが出土
  石室は、現在見ることはできない。

3号墳 墳丘

墳頂がくぼんでいる。

2号墳は見逃した・・・・
3号墳が2号墳だと思ってしまって、そのまま帰ってきてしまった・・・・・。

船戸山古墳群の近くには船戸箱山古墳というのがあるそうだが、どこにあるのだろうか?

寺山古墳群
和歌山市新庄
2015/12/4

県立和歌山高校の裏の竹やぶにある。
高校の西から入ればすぐなのだが、そこは大きく立入禁止の看板が・・・・
高校の東後ろから入ったが、竹藪の中・・・思うように墳丘を見つけられず、暗くなり時間切れ。

 寺山古墳群は 明楽山北麓の広い台地状地形に築かれた27基以上からなる群集墳



寺山古墳群 配置図




 1号墳    群の北西の丘陵先端部にあり、墳丘は前半分が削られている。
   
径10m・高さ2mの円墳 
   北に開口する片袖式
横穴式石室は 玄室長0.75m・幅1.75m・高さ2m、羨道幅1.1m。

横穴式石室開口部 半壊状態

わずかに残った奥壁側
 2号墳    1号墳の東隣りにある
  
一辺10mくらいの方墳
  南に開口した両袖式
横穴式石室は 玄室長2.5m・幅2.2m、羨道長2m・幅1.2m
  天井石が失われている。ので、玄門部には柱石を立てている。
  石材は蛇紋岩の他に、一部結晶片岩を使用。

墳丘

横穴式石室入口

玄室から開口部を見る

入口から玄室奥壁を見る
上の方の石が無くなっている。
 3号墳    径10mの円墳
  玄室の上半分の石材が抜かれている。
  玄室長2.5m、幅1.7mの左片袖式で、羨道は内部が埋まるが、玄門部で幅1.2m。

墳丘

半壊の石室
 12号墳   群のほぼ中央部に位置する。
  
径10mの円墳
  片袖式
横穴式石室は玄室長3.6m・幅1.7m、羨道長2.6m・幅1m

墳丘向こう側に石室

天井石が露出

墳丘上
 13号墳
  
一辺8mの方墳
  横穴式石室が東に開口。
   全長4.5m、玄室長2.9m、幅1.2m、羨道長1.5m、幅0.9mの左片袖式

墳丘 奥に14号墳がある

玄室天井部が崩壊

石室内部

奥壁
その他、古墳番号が特定できない墳丘

その1

その2

その3

その4
 その他の墳丘のデータ
  7号墳・・・・横穴式石室が開口、全長4mくらいの右片袖式。
  8号墳・・・・14m×16mの楕円形墳
       南北に2基の横穴式石室が開口する双室墳。
  14号墳・・・一辺10mの方墳。  横穴式石室が東に開口し、ほぼ完存。
  15号墳・・・一辺25mの最大の方墳 台地先端部の一等地に立地する。
          東に開口する横穴式石室も最大。
  20、21号墳・・・ともに径10mほどの円墳。

8号墳は双室墳だそうだが、見学できなかった・・・・。残念。
竹林の中で、それほど遅い時間ではないのに暗い。

4時半ころ 寺山古墳群を抜け出して、午後5時、ビジネスホテルみやまにチェックイン。
今夜の夕食は、近くの「いも膳」
翌朝食は、 セブンイレブン和歌山北新5丁目店で調達。 

 

12月5日 旅行第3日目

朝7時半過ぎにホテルを出て、日前神宮・國懸神宮竈山神社井辺1号墳紀伊国分寺跡などを見学したが
 日前神宮・國懸神宮、竈山神社、紀伊国分寺跡は「三社参りと国分寺跡」のページで、
 井辺1号墳は岩橋千塚のページで紹介することにして、

昨日時間切れで見学できなかった紀の川市の古墳へ。

八幡塚古墳
市指定史跡
紀の川市下井坂
2015/12/5

駐車場がないので、南にあるセブンイレブン紀ノ川下井阪店で買い物をして、駐車させてもらう。

八幡塚古墳は、削られて、中央部しか残っていないようだ。説明板がある。

 八幡塚古墳
  
径20m・高さ4mの円墳と考えられているが、周囲が削られて変形している。
  
墳丘の中央部には組合式箱式石棺
   そ
の東南5mの位置には、石棚・石障のある横穴式石室という2つの埋葬施設がある。

  横穴式石室は現在埋め戻されているが、
    玄室長3m・幅2.5m・高さ2.5m、羨道長1.4mで、石障、石棚を持つ。
  組合式箱式石棺は古墳時代中期、横穴式石室は古墳時代後期の築造と推定されている。

  昭和50年に発掘調査。

中央部の箱式石棺  (説明板から)

東南部の横穴式石室  (説明板から)

小さくなった墳丘

大木に侵食されている墳丘

削られて小さくなっているので、2つの埋葬施設があるようには、全く見えない。

三昧塚古墳群
紀の川市中井阪
2015/12/5

八幡塚古墳の東100mにある。
市指定天然記念物のツバキの純林となっている。
ツバキと古墳群が、1枚の説明板で説明されている。
ツバキの方が有名のようだ。
  ヤブツバキの純林で、最高樹は8.75m。約80本が現存する。
  もとはツバキが密生する自然林だったが、間引きが行われて、栽培されたように、大きさもだいたい揃っている。
  かつては木の実を取り換金して三昧(墓地)の清掃費に使ったという。

 三昧塚古墳群は、5基からなる小規模な古墳群
   八幡塚古墳の東にある。元は墓地、天然記念物の椿の自然林となる。



三昧塚古墳群配置図
  (説明板から)

4号墳全長30mくらいの前方後円墳

1・2・3・6号墳
は、径10~20mの円墳

全体に保存状態は良くないが、
     3号墳に石材が露出している。

1号墳

6号墳  右手前は2号墳

2号墳、左奥は6号墳

3号墳

椿の木立の下に横たわる4号墳 奥の暗い所

4号墳 後円部から前方部を見る

4号墳 前方部から後円部を見る

4号墳 前方部脇から後円部を見る

駐車させてもらったセブンイレブン紀ノ川下井阪店で昼食を買い、紀伊風土記の丘へ向かう。

三社参りへ  つづく

トップページ