吉備路へ・・・・その6  両宮山古墳から・・・       見学日2012/3/28〜31               

2012/3/30 吉備路三日目。岡山市西部から牟佐大塚古墳までの見学を終え、赤磐市に入る。

赤磐市の地図

両宮山古墳とその周りにある古墳は、西高月古墳群といわれている。
午後2時40分  着

両宮山古墳
国史跡
西高月古墳群
赤磐市和田・穂崎
撮影日2012/3/30

すぐ東側に備前国分寺跡がある。県道沿いに説明板がある。観光案内所もある。



両宮山古墳墳丘復元図  (現地パンフレットから)
両宮山古墳の後円部そばにあるのは和田茶臼山古墳。


両宮山古墳は 全長206mの前方後円墳 後円部径116m・高さ25m、前方部の幅145m
前方部が発達した形をしている。
3段築成 くびれ部の両側に高い造出が設けられている。
二重の周壕があり、外濠を含む全長は349mとなる。
現在、外濠の全てが埋没しているが、後円部側で幅13m、前方部側は20mを測る。
墳丘は未調査、葺石なし 埴輪なし。
5世紀後半の築造と推定されている。

岡山県内では、3番目の大きさ。







備前国分寺跡から見た両宮山古墳

左(北東)・後円部

全体が森となっている。
東側のくびれ部あたりから、前方部にいく道があり、
神社が建っている。(行かなかったけど・・・)




南西の中堤から見た両宮山古墳


左奥・後円部  右手前・前方部前面

周壕がある古墳は美しい。




両宮山古墳周辺の地図 (現地パンフレットから)

周囲には、和田茶臼山古墳、森山古墳、廻り山古墳、小山古墳、朱千駄古墳、正免東古墳などの古墳があり、西高月古墳群を形成している。

@ 両宮山古墳
A 備前国分寺跡(国史跡)
B 森山古墳
C 廻り山古墳
D 備前国分尼寺跡
E 朱千駄古墳
F 小山古墳
G 岩田14号墳
    (山陽団地内に保存されている全長11.8mの横穴式石室を持つ後期古墳)


正免東古墳(赤磐市穂崎)は高月公民館建設に伴う発掘調査で発見された古墳で、径23mの円墳または前方後円墳と考えられている。埋没古墳。
  (公民館横に説明板がある。)



和田茶臼山古墳
両宮山古墳の陪塚として国史跡
西高月古墳群
赤磐市和田
撮影日2012/3/30

両宮山古墳後円部の北側にある。
全長55mの帆立貝形前方後円墳。 後円部径30m。
二重の周壕をめぐらしていた。
5世紀の後半の築造と推定されている。
両宮山古墳に従属して、同時期に築かれたと推定されている。(説明板から)



和田茶臼山古墳

現在ほとんど後円部しか残っていない。
周壕もなくなっている。

墳丘に説明板がある。

小山古墳
石棺は市指定文化財
西高月古墳群
赤磐市穂崎
撮影日2012/3/30

小山古墳は 全長55mの前方後円墳。 後円部径35m
葺石あり 埴輪あり
稲荷社を祀るため、前方部中央と後円部墳頂は大きく破壊されている。

後円部中央にある埋葬施設は、盗掘され、阿蘇の溶結凝灰岩製の舟形石棺とみられる破片が露出している。
5世紀末の築造と推定されている。
未調査。   (説明板から)

小山古墳の石棺は考古資料として、市指定文化財となっている。



山古墳 北西から見る

きれいな前方後円墳に見える。


小山古墳 東から


後円部には稲荷社の社殿がある。
前方部は参道となっている。

 小山古墳 後円部から前方部を見る
 参道で、前方部は中央が削られている。

 小山古墳 前方部から後円部を見る。
  鳥居横に説明板がある。

 小山古墳 社殿横の埋葬施設跡

 小山古墳 壊された石棺
  縄掛け突起がハッキリ確認できる・・・・・。

この小山古墳は火打山の北麓にあるが、火打山の南側麓(岡山市東区・旧瀬戸町)には玉井丸山古墳がある。
 墳丘上に郷土資料館などの建物があり、変形しているが、玉井丸山古墳は全長137mの前方後円墳。

朱千駄古墳
県史跡
西高月古墳群
赤磐市穂崎
撮影日2012/3/30

朱千駄古墳は 全長70mの前方後円墳 後円部径40m・高さ6.5m
前方部がやや広く発達した形式を示している。
埴輪あり 須恵器の破片も出土している。

後円部にあった埋葬施設は、明治初年に盗掘されて、
   長さ2m・幅1mの長持形石棺が出土した。
石棺は竜山石製で、現在岡山県立博物館の玄関に保存されている。
銅鏡2面、蛇行状鉄器、勾玉、管玉、刀剣等多数が出土
石棺内から、多量の朱が発見されたことが名前の由来になっている。
5世紀後半の築造と推定されている。
      (説明板から)


 北から見た朱千駄古墳  左・前方部
  後円部は竹林になっている。

 
 

 西南から見た朱千駄古墳 右後方に前方部
  ため池の堤防のようになっている。


森山古墳
県史跡
西高月古墳群
赤磐市穂崎
撮影日2012/3/30

森山古墳は、両宮山古墳の県道を挟んだすぐ南東側にある。
まわりには建物などもなく、一周できる。


森山古墳実測図  (山陽町文化財調査報告第2集「森山古墳 両宮山古墳」から)

森山古墳は 全長82mの帆立貝形前方後円墳
後円部径55m・同高さ11m 前方部幅35m 
2段築成 周壕と周堤があった(現在は埋没)
墳丘を中心に南北150m・東西120mの領域を占めている。
葺石あり 埴輪あり
埋葬施設は未調査で不明。
5世紀後半の築造と推定されている。
(説明板には後円部径のデータがない)





西から見た森山古墳
右側(南)に、低い短い前方部がある。

ヤフーの航空写真で見ると、盾型の周壕跡がくっきり!



廻り山古墳
県史跡
西高月古墳群
赤磐市岩田
撮影日2012/3/30

廻り山古墳は 改変が激しく墳形や規模は不明であるが、
推定の全長は65m、墳頂平坦部は30m
須惠質の破片が出土
未調査のため、埋葬施設も不明。
5世紀後半の築造と推定されている。


西から見た廻り山古墳

ヤフーの航空写真で見ると、前方後円墳に見える。



備前国分寺跡
国史跡
赤磐市穂崎
撮影日2012/3/30

備前国分寺跡には、「両宮山古墳」と「備前国分寺跡」のパンフレットが置かれている。

備前国分寺は南北200m・東西180mの広大な寺域の中に、七堂伽藍といわれる塔や金銅などの建物が立てられていた。
現在は多くが耕作地となって、面影がほとんど残っていない。


備前国分寺塔跡

元は一辺8.91m・高さ60mほどあったと想定されているが、
平安時代にはすでになくなっていたと考えられている。

現在の石造七重塔は、心礎上に立つ花崗岩製で鎌倉時代後期の作といわれている。
本来の棟がなくなった後で立てられたもので、赤磐市の指定文化財となっている。



旧赤坂町の古墳 赤磐市西窪田
撮影日2012/3/30

赤磐市西窪田(旧赤坂町西窪田)には、古墳が集中してある。
最も有名なものが、鳥取上高塚古墳(市史跡)。
大天満池の南岸には、全長75mの前方後円墳の吉原6号墳もあったようだが、確認してこなかった。
赤磐市西窪田の古墳群の配置図

鳥取上高塚古墳
市史跡
旧赤坂町の古墳
岡山市北区牟佐
撮影日2012/3/30

午後3時40分 着。

大天満池というため池のほとりにある。どうしたらそばまで行けるのか、よく分からなくてうろうろ。
結局ため池の向こう側に回って、そばまで歩く。

鳥取上高塚古墳は、全長75mの前方後円墳
後円部径30m・高さ8m 前方部長さ45m・前方部前面幅39m

平地にある低い丘陵を利用して造られている。
県内で4番目、旧赤坂町内で最大の規模をもつ横穴式石室がある。

両袖式横穴式石室は現存長さ12m(復元推定長さ15m)
玄室長さ7.8m・床面幅2.75m・高さ2.7m 現存羨道長さ2.75m(復元推定長さ7m)・幅1.4m
6世紀後半の築造と推定されている。


 西から見た鳥取上高塚古墳
  写真中央、ため池の向こうに説明板が見える。

 説明板の右に石室がある。
  ため池に沿うように墳丘があり、前方部は左側(北東側)

 鳥取上高塚古墳 石室入口
  羨道部はため池で削られている。

鳥取上高塚古墳測量図   (説明板から)
説明板がよごれていて、よく見えない・・・・・
入口が狭いので、床が埋まっている可能性がある。

 鳥取上高塚古墳 石室内部

 鳥取上高塚古墳 石室内部から外を見る


小天満1号墳
旧赤坂町の古墳
岡山市北区牟佐
撮影日2012/3/30

鳥取上高塚古墳前方部の西にあって、鳥取上高塚の陪塚といわれている。
小天満1号墳は、前方部が削平された全長30mほどの前方後円墳と考えられている。 
箱式石棺が以前露出していたが、祟りのようなものがあって、埋め戻したそうだ。


 小天満1号墳
  鳥取上高塚古墳前方部側(南東)からみる

 小天満1号墳 大天満池側(南西)からみた墳丘
  埋め戻したはずの石材が墳上に見えているが・・・・

HP「古墳のお部屋」さんでは、果樹園となっているが、現在は植林されている。

2号墳の径24mの円墳・高さ3mというのがあるというが、どこかな?

二塚1号墳 2号墳
旧赤坂町の古墳
赤磐市西窪田、斗有
撮影日2012/3/30

鳥取上高塚古墳の北西500mくらいの所にある古墳群。低い小さな丘の上にある。
写真を撮っただけ。


左(西側)・二塚2号墳   右(東側)・二塚1号墳

 二塚2号墳
  全長35mの前方後円墳
  後円部径19.8m・高さ3m 

 二塚1号墳 全長39mの前方後円墳
  後円部径19.5m・高さ3m 
  前方部先端幅28m・高さ3m

詳しいデータは見つからない。

西池東古墳と沼田内古墳
旧赤坂町の古墳
赤磐市西窪田
撮影日2012/3/30

鳥取上高塚古墳と二塚1・2号墳の間あたりの二つの丘にある古墳。
西側が西池東古墳、東側が沼田内古墳。
写真を撮っただけ。


 西池東古墳 15mの円墳
  小さな墳丘のようなので、右側の墳丘か?

 沼田内古墳 全長26mの前方後円墳
  墓地の後にあるという。

詳しいデータは見つからない。

操山古墳群へ向かう。・・・・・吉備路 その7へつづく

目次トップページ

岡山県トップ