更新日2014/9/9

四国の遺跡めぐり
第15回 香川県その7
 さぬき市@
2014/4/20〜26

四国の旅は、六日目に入る。
朝一番に栗林公園を散策して、朝食後、8時30分にホテル発、さぬき市に向かう。
徳島石油(高松市下田井町)で、ガソリン給油、出発から 1321kmとなる。

さぬき市の地図

さぬき市長尾地区には多くの古墳がある。
さぬき市文化財保護協会長尾支部のHPがあるので、参考にさせていただいた。

極楽寺古墳群 さぬき市長尾東
2014/4/25

極楽寺のそばに2基の古墳がある。



極楽寺

天平元年(729)行基菩薩が開基したが、大同4年(809)に焼失、
弘仁12年(821)弘法大師が再興したと伝えられている。

国重文の薬師如来のほかすぐれた仏画や仏像がある。

     (説明板から)
極楽寺東古墳
  極楽寺駐車場北の道路をはさんだ向かい側に墳丘があるが、説明板もなく詳細不明
  径10mくらいか?

南西から見た墳丘

南から見た墳丘 四角く残っている。
極楽寺西古墳  極楽寺駐車場の西約50m。


写真中央の白い標柱に、
   「極楽寺西古墳」と書かれている
が、
     墳丘らしいものはない。


県道バイパスの建設の時、現場の下から6基の古墳が発見され、発掘調査されたそうだが、
極楽寺の前を通るのが、県道バイパスなのかな?

亀鶴古墳群 さぬき市長尾名
2014/4/25

極楽寺から南に約1km。
宇佐八幡神社のある鶴が山と、宮池に浮かぶ亀島が堤で結ばれていて、景色がすばらしい。
桜の時期はもっと素晴らしいだろう!

亀鶴古墳群
 宇佐神社の社殿の周りから桜宮社にかけての宇佐八幡神社古墳群(約25基)
 東側の宮池にある亀島の亀島古墳群(約25基)
   の計50基ほどの古墳が残っている。
 いずれも終末期の築造と考えられている。
 神社裏、桜宮社、亀島6号墳は大型の墳丘があるとみられている。
 発掘の記録があるものは、亀島の頂上にあったものだけで、大部分は盗掘され、内容は不明のままである。
 大川郡史によれば、明治年間、亀島の神事場の発掘で、
  金環、銀環、土器、刀剣、鏃その他が出土したと記録されているが、出土品は現存しない。
 1985年には、神社前が長雨で山崩れを起こし、2基の石室が開口して埋め戻したことがある。
         (説明板から)


宇佐八幡神社古墳群  



宇佐八幡神社

境内には円墳が数多く群集しているというが

   見学できる墳丘はあまりない。
宇佐神社古墳 (宇佐八幡神社古墳群)
 横穴式石室は全長5mくらい。

神社鳥居の南側の林の中にある。
  

墳丘
  

石室正面
羨道は前庭状にハの字に開く
  

石室内部
奥壁には真ん中に鏡石
  
桜宮社古墳 (宇佐八幡神社古墳群)
 宇佐神社鳥居の北東横に森になっている。



桜宮社

前方後円墳ではないかと推測されている。



上ってみると墳丘らしく感じる。


   


亀島古墳群
 宮池に浮かんだような 亀島には、6世紀中〜7世紀末の後期古墳が残る。

墳丘があるものは12基余で、その他に、盛り土のない箱式石棺墓もあるので、
実数はかなり多くなると考えられている。



堤でつながっている亀島
 堤は幅20m・長さ300mで
    ソメイヨシノが300本植樹されている。


古墳番号の標柱が立っているものもあるが、それ以外にも墳丘らしいものがある。

亀島1号墳

亀島2号墳

亀島4号墳

石室石材?(番号不明)

亀島6号墳
群中一番大きな墳丘か

墳丘?

亀島墳丘?

亀島8号墳

亀島9号墳

亀島10号墳

   

川上古墳 さぬき市昭和
2014/4/25

さぬき市社会福祉協議会福祉の里・行基苑の東隣りのケアハウス・行基ハイツの南にある。

川上古墳は 径20〜22mの円墳
  丘の北端を利用してつくられている
 長さ4m・幅1.2mの竪穴式石室は、側壁に人頭大の河原石を用いている。
 天井石は発見されていない。(木蓋か無蓋の可能性が強い)
 短甲、衝角付冑、鉄鏃、肩鎧、太刀、鉄剣、鉄槍、鉄鉾、刀子、ヤリガンナ、轡、帯金具、革草摺、鉄鑿や
   土器(高台付有蓋壺・高台付器台・筒型土器・広口壺・坏)などが出土している
 5世紀後半の築造と推定されている。
 昭和57年発掘調査              (説明板から)


川上古墳入口

左上の高台に墳丘がある。

右の建物は、ケアハウス・行基ハイツ


墳丘
墳頂は江戸末期以降、墓地として利用されてきた。

竪穴式石室の保存


神社古墳 さぬき市昭和
2014/4/25

川上古墳の西約100mに石槌神社がある。

神社古墳は、現状で径10mの円墳といわれているが、前方後円墳の可能性がある
 未調査で詳細は不明。川原石の葺石がある。
 5世紀後半頃の築造か?


神社

墳丘

石槌神社のそばに行基堂があるが、謂われは不明。


行基堂

行基堂内部

稲荷山古墳
市史跡
さぬき市長尾西
2014/4/25

川上古墳の南東約150mに、塚原稲荷神社がある。神社裏山に稲荷山古墳。  

稲荷山古墳
 全長40mの前方後円墳
   後円部径20m 後円部を北に向ける。
 葺石あり
 昭和26年(1951)発掘調査
  
第1竪穴式石槨の西側短軸はU字状、東側短軸はV字状に合わさる特徴的な形態をしている。
  また石槨は上方ほど狭くなり、天井石は両端を除く14枚が残存していた。
 昭和59年(1984)に
第2竪穴式石槨が新たに発見された。
 後円部頂に埋葬施設が東西方向に2基並列していることが分かった。
 (説明板から)
 5世紀初めの築造と推定されている。

塚原稲荷神社 裏参道鳥居

後円部に露出した石室
ほかにも石材が露出している。

後円部から前方部を見る

前方部から後円部を見る

   

稲荷山ふれあいの森(遊歩道)案内板が、稲荷山古墳そばにある。







稲荷山ふれあいの森(遊歩道)は、約1km

このコースは鍛冶池を起点として、
行基苑、石鎚神社古墳川上古墳を通り、
稲荷山古墳を通過して、展望台、打越古墳を過ぎてから
四国のみちにつながり、大石神社(古墳)に至る。
  (説明板から)


四国の道(四国自然歩道)とは、全長1545.6kmの長距離自然歩道。
 起点は徳島県鳴門市、終点は徳島県板野郡板野町。
 四国霊場や、各地に点在する身近な自然や歴史に親しみながら、歩いて四国を一周する事ができる。

稲荷山古墳から、稲荷山ふれあいの森遊歩道を歩いてみる。


遊歩道を行く・・・・。


2基の前方後円墳と4基の円墳を結んでつくられているという。
墳丘らしい盛り上がりはいくつか確認できる。


山を登ったり下りたりでかなり大変な道だ。


打越古墳の案内表示を見つける。

打越古墳 さぬき市長尾西
2014/4/25

案内表示がなければ、打越古墳とは分からない。

打越古墳 円墳(前方後円墳にも見える)
 竪穴式石室がある。 未調査。
 4世紀初頭の築造と推定されている。

墳丘上を遊歩道が通っている。

墳丘上の案内表示

この先、稲荷山ふれあいの森遊歩道は、四国のみちに入り、大石神社まで道は続いているらしいが、
ここで引き返すこととする。稲荷神社まで戻る。



塚原稲荷神社表参道


裏参道の鳥居とは比較にならないほど立派!


稲荷神社から大石神社へは、車で向かう。

大石神社古墳
市史跡
さぬき市前山
2014/4/25

稲荷神社から南に約1.5kmの大石神社背後にある。

大石神社古墳は 円墳
 葺石あり
 竪穴式石室は、南北の方向をとり、長さ4.5m・幅は南端で0.78m、
  北端はV字型に終わることは稲荷山古墳と同様である。
 側壁は河原石を積み、天井石は9枚の自然石を並べている。

 昭和18年、地区民が松根油をとる根を掘ったとき、掘り当て、剣が1口出土したというが、所在不明。
 昭和20年の再調査で、
   鉄剣1・鉄鏃2・鉄斧1が出土したが、昭和20年7月の高松大空襲で焼失したといわれている。
 5世紀中ごろの築造と推定されている。          (説明板から)

墳丘頂部

竪穴式石室の石材が露出している
縄掛け突起のように見えるが・・・・・

    

大石北谷古墳 さぬき市前山
2014/4/25

大石神社古墳そばに案内表示があり、北の小道を行った所にある。

大石北谷古墳は 江戸時代から開口していたらしい。
 全長8.5mの横穴式石室がある。羨道長4m、玄室長4.3m
 奥壁は鏡石を使用している。
 1989年発掘調査
 かつては「ばくちば古墳」と呼ばれていた。
 このあたりは前山古墳群といわれ、20基ほどの横穴墳が残っていたところ。     (説明板から)

土手に石室が・・・・・!

石室内部

玄室の石積みの様子

石室内部から外を見る


椋の木古墳
ムクノキコフン
市史跡
さぬき市長尾西
2014/4/25

大石神社古墳から、北約800m、採石場の北の県道沿いに案内表示がある。
道路沿いの空き地に駐車、山道を数分上る。

椋の木古墳は、古墳の上に大きな椋の木が生えていた所から、名が付けられた。
 盛土がはがれ横穴式石室が露出し、崩壊のおそれが出たため、昭和60年調査し、補修工事を行った。
 羨道はなくなっているが、
  玄室の長さ3.5m・幅2m・玄室入口で1.6mの中間型?(両袖の意味か)、石材は花崗岩、
 金環1と須恵器が出土している。
 古墳時代後期末の築造と推定されている。          (説明板から)

案内表示と説明板
8
石室入口 右の外側はコンクリートで固められている。

入口から内部を見る

石積みの様子

石室内部から外を見る

墳丘上に露出した天井石


諏訪山古墳 さぬき市造田乙井
2014/4/25

諏訪山のふもとまで行くが、駐車できるところが見つからずあきらめる。
独立丘陵の頂上にある。

諏訪山古墳
径15mほどの円墳で、横穴式石室が開口している。
玄室は完存。玄室長4m、幅1.5m、高さ2mほどの右片袖式

諏訪神社社殿裏にあるが、ほかにもいくつか墳丘がある。


午後1時となり、富田茶臼山古墳のそばにある道の駅みろくで昼食をと思ったが、トイレ以外は改装中・・・


道の駅みろく

トイレそばにスタンプがあった!







 向かいにある弥勒食堂で昼食。

富田茶臼山古墳につづく

トップページ