更新日 2014/9/16

四国の遺跡めぐり
第16回 香川県その8
 さぬき市A
2014/4/20〜26

四国の旅は、六日目午後の部に入る。

さぬき市の地図

富田茶臼山古墳のそばの弥勒食堂で昼食を済ませる。

富田茶臼山古墳
国史跡
さぬき市冨田中
2014/4/25

弥勒食堂の駐車場のすぐ北に見えている。車はそのまま、徒歩で墳丘へ。



富田茶臼山古墳
   南から見る


左・前方部  右・後円部




富田茶臼山古墳平面図と
     3基の陪塚位置図

                (説明板から)
下が北となる。


富田茶臼山古墳
 全長139mの前方後円墳
  後円部径91m・高さ15.7m
  前方部長さ48m・幅77m・高さ11.8m
四国最大の古墳
3段築成  盾形の周壕(空堀)あり
周堤帯もあったと考えられている
 かつて、後円部上から竪穴式石室の天井石らしい石材が見つかっている
 円筒埴輪や形象埴輪が出土している。
 5世紀前半の築造と推定されている。
 平成元年調査
 平成5〜8年の調査で、古墳西側に3基の陪塚が確認された。
  陪塚は、いずれも一辺14〜24mの方墳。

前方部から後円部を見る

くびれ部から後円部を見る
後円部上には妙見神社がある。

後円部から前方部を見る

前方部手前から後円部を見る

  

津田湾の古墳群 さぬき市津田町
2014/4/25

さぬき市民俗資料館のHPには、津田湾の古墳群が紹介されている。
さぬき市内遺跡発掘報告書「一つ山古墳・岩崎山4号墳」(2008.3)
「岩崎山古墳群・龍王山古墳」(2009.3)がインターネット上で公開されている。
参考にさせていただいた。
津田湾古墳群とは、さぬき市津田町(津田地区・鶴羽地区)にある古墳。17基が確認されている。

主な古墳を築造順に並べてみると ・・・・・

時期 大きさ その他
 3世紀後半     うのべ山古墳  積石塚の前方後円墳   全長37m   杓子型
 4世紀前半  川東古墳  積石塚の前方後円墳  全長37m  杓子型
 4世紀前半  古枝古墳  前方後円墳  全長34m  杓子型
 4世紀後半  赤山古墳  前方後円墳  全長44m  
 4世紀後半  一つ山古墳  円墳  径27m  葺石のある盛土墳   
 4世紀後半   岩崎山4号墳  前方後円墳   全長61.8m   葺石あり
 4世紀後半  龍王山古墳  円墳  径30m  
 4世紀後半  けぼ山古墳  前方後円墳  全長55m  

(川東古墳・古枝古墳は見学していない)

国史跡をめざして、調査が進んでいる事もあってか、案内表示があるので、
     古墳に行く道は見つけやすいが、山の中にあるものが多い。

富田茶臼山古墳から北に行き、高速道路をくぐった所にある赤山古墳から見学。
赤山古墳は、ホテルの南に後円部が残っている。 説明板は見あたらない。

 赤山古墳     さぬき市津田町鶴羽



赤山古墳実測図 

全長44mほどの前方後円墳
 前方部削平。
崖面に葺石あり
赤色顔料を塗った円筒埴輪片が出土している。
岩崎山4号出土の円筒埴輪との共通点が見られる。
4世紀後半の築造と推定されている。


後円部に刳抜式石棺が2基露出しているそうだが、
   立入禁止となっている。
 昔の航空写真から、前方後円墳とわかったという。

北西から見た墳丘
木の生えているところが後円部 右奥が前方部

後円部 石棺を見たい・・・・

龍王山古墳の案内標識は、県道沿いや寿団地内に3ヶ所見かける。
寿団地の住人に空き地を教えてもらい駐車。 かなりワイルドな上り道を上る。

 龍王山古墳    さぬき市旧津田町北羽立    寿団地の西の山にある。

龍王山古墳実測図 (報告書から)

径30mの円墳

西側は墳丘を尾根から切り離す為に
       区画溝をつくり、墳裾を明確にしている。
葺石は基底石に大型石材を使用し、
    上位は拳〜人頭大の石材をさしこんでいる。
墳裾から壺形埴輪、墳頂部から家形埴輪、円筒埴輪が出土

円筒埴輪は岩崎山4号墳より新しく富田茶臼山古墳より古い。
 墳頂部に竪穴式石室がある。大きさは5.9×0.8×0.7mで、板石を積み上げている。
 墳丘の中心は現在露出している竪穴式石室とずれていることから、他に埋葬施設がある可能性がある。
 平成21年度調査。

墳丘

竪穴式石室

竪穴式石室天井石

竪穴式石室内部

葺石か

離れた所に石材 もう一つの埋葬施設?

岩崎山4号墳は、セレモニーホール津田会館北の民家横に案内標柱があり、それに従い上る。
説明板がある。

 岩崎山4号墳     さぬき市旧津田町南羽立
 岩崎山には1〜6号古墳が同一尾根上に次々と築造されていて、4号古墳は最も立派なもの
   (平成元年設置の説明板には、5号までとなっているが、調査で6号が見つかった)

岩崎山4号墳実測図 (報告書から)

全長61.8mの前方後円墳
 後円部径38m・高さ6m 前方部高さ3.4m
後円部端・前方部端に尾根から切り離す区画溝を検出。
葺石は、基底石に大型の石をおき、
  その上に人頭大の石をさしこむ構造。
多量の円筒埴輪(赤色顔料を塗ってある)が出土。
絵画を線刻した円筒埴輪もある。
竪穴式石室の中に凝灰岩製の割竹形刳抜式石棺がある。
    (埋め戻されている)
 出土品は、二神四獣鏡、直刀、剣身、鉄斧頭、小鎌、銅鏃、車輪石など。

 過去に、文化6年(1809年)、明治6年、昭和2年に発掘、昭和26年に発掘調査されている。
  文化6年の発掘状況を「讃岐国名勝図会古鏡記」には、
   「文化6年の春、岩崎山古墳を村夫が、誤って掘ったところ、一石槨を得た。
   方一丈に石を畳み、中に石棺を安置、身も蓋も全石で彫琢して造ってあり、中に一男を両女がはさんで殉じている。 
   そのそばに壺があり、鏡で蓋をしてある。壺の中に曲玉でもあるのか、村夫は驚いて鏡を人に示す。
   皆これを貴族の墓、あばけば祟るとて穴をうずめ、お祭りをして祈謝した」
  とある。
 平成19年度にあらためて調査がなされた。

墳丘 手前・前方部  奥・後円部

後円部頂部

後円部から前方部を見る

葺石

道の駅・津田の松原で休憩後、けぼ山古墳へ。

けぼ山古墳は、 津田湾に張り出した岬・鵜部鼻近くにある。
案内表示にしたがって、そばまで車で行けく。つぶれたレストハウスみたいな建物がある。

けぼ山古墳の調査報告書が出ているが、インターネット上には公開されていないようだ。
こんな山の中まで、石仏には花と水が供えられている。

 けぼ山古墳     さぬき市旧津田町鶴羽
 全長55mの前方後円墳
  古墳群の中では岩崎山4号墳につぐ2番目に大きい古墳
 後円部中央に竪穴式石室があるとみられている。
 出土したつぼ形埴輪から、4世紀後半の築造と推定されている。
 調査時、墳頂の下から刳抜式石棺の破片が出土した。 (石棺の身で縄掛突起がある)
 平成22年度調査。

けぼ山古墳後円部 右奥に前方部

後円部にある竪穴式石室蓋石(2m×0.9m)
 
縄掛突起がある切断しようとした痕跡がある
他にも石材がある。

後円部から前方部を見る

前方部から後円部を見る

くびれ部から前方部を見る

墳頂から見る瀬戸内海

うのべ山古墳は 津田湾に突き出た半島の根元の丘陵南端にある。
宅地造成で前方部が一部破壊されてしまった。

 うのべ山古墳 市史跡    さぬき市旧津田町鶴羽

うのべ山古墳実測図

全長37mの前方後円墳の積石塚

標高9mの平坦な土台上に石を積んで造られている。
前方部は土を混ぜながら石を積んでいる。
香川県の古い古墳の特色を示す一つの要素である外周段築がある。

広口壺片が出土
3世紀前半の築造と推定されていて、
     四国最古級・津田湾最古の古墳と判明した。
墳丘の斜面には中世の石塔が散在している。

平成16〜18年度調査。
  (説明板から)

後円部

後円部から前方部を見る

前方部の積石

前方部から後円部を見る

一つ山古墳は津田湾に突き出た半島の、東の丘陵上にある。 
案内表示に従って、上り口まで車で行ける。そこから30m上る。立派な説明板がある。

一つ山古墳    さぬき市旧津田町鶴羽


一つ山古墳墳丘測量図 (報告書から)

 一つ山の頂上(標高30m)にあり、淡路島が見える。

径27mの円墳  (南北27m・東西25m、高さ4m)
2段築成で
 墳丘裾部を水平に整形するなど丁寧な造り方をしている
下半分を地山整形、上半分を盛土によって構築している。
上下2段に葺石がめぐらされている。
壺形埴輪が出土
石棺の破片が出土していて、
  埋葬施設は墳丘の中心に1基あり、
       刳抜式石棺が置かれていたと考えられている。
  
4世紀後半の築造と推定されている。
 石棺石材は、さぬき市鶴羽産の火山産白色凝灰岩で、
  赤山古墳岩崎山4号墳けぼ山古墳をはじめ、鶴山丸山古墳(岡山市)・久米田貝吹山古墳(大阪府)
  ・大代古墳(徳島県)などにも使用されている。
 石棺の形状から赤山古墳と岩崎山4号墳の間の時期に位置付けられる
 円墳から刳抜式石棺が出土した事例としては、香川県では初めてである。
  平成17〜19年度・平成23年度に調査                     (説明板から)

墳丘

石仏がある。

墳頂から墳裾を見る
墳丘はグレーのシートで覆われていて
全く見ることはできない。
刳抜式石棺は、こわれた状態で出土している

墳丘の向こうは瀬戸内海

      

津田湾の古墳の見学を終え、いよいよ徳島県へ行こうとして、車を走らせていたら、
 高松自動車道白鳥大内インターチェンジのすぐ南の県道に「原間古墳」の案内表示があったので、
 そこから集落に入ると、すぐにまた案内表示がある。
 でも付近には墳丘はない。
幼児を連れた女性にきいて、その奥を探すがない。
 帰宅してから調べたら、古墳に行く道は特にないということで、
 あの林の中に入って行かなければ見つからなかったのだと、後悔している。

原間古墳(原間1号墳) 東かがわ市旧大内町原間
2014/4/25

見つからなかった。

 原間古墳(原間1号墳)は、径20mほどの円墳
  開口している横穴式石室は全長8m、玄室長5m、幅2m、高さ2.5mの右片袖式
  
6世紀後半の築造と推定されている。

午後5時を過ぎて、徳島県に入り、道の駅・どなりで休憩後
徳島県最初の土成丸山古墳へ

徳島県・土成丸山古墳につづく

トップページ