掲載日2014/6/22

四国の遺跡めぐり
第5回  愛媛県その4
今治市①
2014/4/20~26

4月22日 三日目に入る。
7時20分、にぎたつ会館 チェックアウト。今治市の妙見山をめざす。

今治市の地図

妙見山古墳
ミョウケンザンコフン
県史跡
今治市202大西町宮脇
撮影日2014/4/22

8時15分に、妙見山古墳の麓の藤山健康文化公園に着いてしまった。
早すぎるかと思ったが、グランドゴルフの大会が開かれていて、多くの人たちがいる。



藤山歴史資料館の前を通って、麓から5分ほど山を登る。



 妙見山古墳(1号墳)



妙見山古墳群配置図

    (現地説明板から)
妙見山古墳(1号墳)は、
眼下に斎灘を見下ろす標高80mの尾根上にある。
 同じ丘陵上に近接して造られた2号墳・3号墳とともに
   妙見山古墳群を構成している。






妙見山1号墳実測図  (古墳辞典から)

全長55.2mの前方後円墳
 後円部径37.4m・前方部長さ17.8m・くびれ部幅25.7m
 前方部が東にある。
 北側(海側)が大きく造られている。
 2段築成 墳裾と段築部に列石状の葺石がめぐる。

後円部に1基の竪穴式石室、
前方部に1基の竪穴式石室
があり、
    墳丘周囲に箱式石棺が3基確認されている。
 1号竪穴式石室(後円部)は 内法長さ6.7m・幅1.0m・高さ0.8~1.0m
 2号竪穴式石室(前方部)は 内法長さ3.8m・幅0.8m・高さ0.65~0.75m
    でいずれも天井石と被覆粘土が残る。
  粘土床の上にくりぬき式木棺が置かれていたと考えられている。
 1号竪穴式石室の棺外から、鉄剣・鉄斧・鉄刀子・やりがんなの破片などが出土し、
  棺内では、鏡の痕跡が確認された。
 2号竪穴式石室の棺内からは鏡と鉄器残片が出土。

 墳丘では、二重口縁壺形土器や伊予型特殊器台の破片が多量に出土。
 古墳時代前期前半(4世紀)の築造と推定されている。

陪塚とされている2号墳・3号墳は、最近の調査で、どちらも小さな前方後円墳ではないかとみられている。


妙見山古墳全景
手前前方部

右側(海側)の墳丘が大きく造られている。

左側(山側)の墳丘

右側(海側)の墳丘


前方部から後円部を見る

前方部の石室はパネル表示(手前)

後円部の石室は、発掘時のまま保存展示されているが、
   展示室は鍵がかかっている。
  前方部から後円部に上がる階段の左に
    後円部石室の入口扉がある

見学は事前に問い合わせが必要

後円部から前方部を見る
  

後円部から瀬戸内海が見える
右下は、後円部石室展示室入口

妙見山古墳(1号墳)前方部から見た2号墳

2号墳から見た3号墳


竪穴式石室天井石の展示施設

妙見山古墳から西に下ったところにある。

天井石の置き方は、
 まず長い軸に交わるように、
  大きな細長い石を間隔をあけて置いていき、
   その間に少し小さめの平らな石を
    両側から合掌風に置いている。

1号竪穴式石室 後円部

2号竪穴式石室 前方部





藤山健康文化公園のシンボル 水道橋




相の谷古墳群
県史跡
今治市伊賀相の谷
撮影日2014/4/22

今治市の来島海峡海上交通センターの前に説明板がある。駐車スペースもある。
相の谷1号墳は愛媛県最大の前方後円墳だ


相の谷古墳群配置図
(説明板から)

相の谷古墳は、
来島海峡を見渡すことができる丘陵(付近)上にある
        
10基以上の古墳群



遊歩道に入ると、まず2号墳があるが、順番に1号墳から紹介する。

 1号墳


相の谷1号墳実測図 (古墳辞典から)

1号墳は 標高63,5mにある。
全長82mの前方後円墳
 後円部径50m・高さ10.7m 前方部幅40m・高さ10.5m
2段築成、埴輪が並ぶ 葺石あり


 後円部の小口積み竪穴式石室から、
   鏡2面(一面は三角縁神獣鏡)・鉄剣・鉄刀・鉄斧・ヤリガンナ・刀子などが出土。
 
5世紀前半の築造と推定されている。
 1965年(昭和45年)に発見、その後発掘調査。

1号墳前方部先端 奥が後円部
 

1号墳前方部から後円部を見る
  

1号墳後円部  手前前方部

1号墳後円部の埋葬施設跡




1号墳後円部から前方部を見る



    
  
 2号墳

2号墳実測図 (古墳辞典から)

2号墳は、1号墳から北側に下った標高45mにある
全長53mの前方後円墳 
 後円部径23m・高さ5m
 前方部長さ21m・前方部幅9m・高さ3.1m
埴輪あり
未調査
 
5世紀前半の築造と推定されている。

2号墳後円部 後ろから見る。
 

2号墳後円部から前方部を見る
 

2号墳後円部から前方部を見る
 

2号墳前方部から後円部を見る
 
 3号墳  2号墳の前方部そばにある。



3号墳
  右奥が2号墳前方部



説明板では消滅となっている。
 7号墳  1号墳前方部そばにある。

7号墳  (写真中央)

左手前は1号墳前方部
ほかにも墳丘がある。


古墳番号がよく分からない!!



鯨山古墳
県史跡
今治市馬越町
撮影日2014/4/22

今治市の西北部の平地にある。
すっかり街の中に取り込まれて駐車場がないので、向い側にある開店直後のエディオンに駐車。
(時刻は午前10時過ぎたばかり)

 鯨山古墳は 全長152m、標高25mの独立丘陵、この丘陵全体が鯨山古墳!!
  1579(天正7)年に書かれた大山祇神社の記述によれば、応神天皇の時代に国造として、 
  最初に伊予に赴任した越智国造乎致命(オチノクニノミヤツコ)の墓と伝えられる。
  
前方後円墳として、県史跡に指定されているが、一部墳形に疑問点も残している。
      (円墳だとしたら径66mとなるそうだ。)
  円筒埴輪や須恵器が出土している。周堀の痕跡も残っている。



北から見た鯨山古墳

左(東) 前方部

鯨山古墳
 上り口
 

鯨山古墳 
後円部から前方部を見る
 

鯨山古墳
 くびれ部から前方部を見る
 

鯨山古墳 
前方部から後円部を見る
 


鯨山古墳 
くびれ部から後円部を見る
  

   後円部には神社・寺がある。

前方部と後円部が逆に書かれているものもあるが、地形からは、考えられない・・・・。
調べてもわからない・・・・。

駐車させてもらったエディオン店内で休憩、エディオン様ありがとうございました!


朝倉村の古墳へつづく・・・・

トップページ