更新日  2014/7/6

四国の遺跡めぐり
第7回  愛媛県その6
西条市 四国中央市
2014/4/20~26

4月22日 三日目。今治市の古墳見学後、


道の駅「湯之浦温泉」の昼食
焼き鳥玉子飯




その後、西条市のおもしろい石室墳へ。    
西条市の地図

諏訪山古墳
市史跡
西条市船屋
撮影日2014/4/22

道の駅「今治湯之浦温泉」から西へ車で約30分。諏訪神社の境内にある。

諏訪山古墳は 諏訪神社の鎮座する諏訪山の丘陵南端にある。
 径10m・高さ3mの円墳
 南南東に開口している横穴式石室の前部は破壊され、また台風などによる損傷もあるが、
  石室全長6m 玄室幅1.8m・高さ2m
  玄室の側壁は山石を馬蹄形に積み上げ、間は粘土でしっくいされている。
  奥壁は1枚岩で縦横各々1.8m
 土器が出土している。  (説明板ほかから)


諏訪神社の鳥居の横に、
「諏訪山古墳入口」と刻まれた石碑がある。

石室正面
  

石室羨道部の天井石が1枚だけ、
テーブルみたいに残る

玄室
 

玄室内部 小祠がある。

玄室内部から羨道を見る



諏訪山古墳のそばに、もう一つの墳丘らしい高まりがある。
石材も露出している。

2号墳か?




諏訪神社社殿

犬がいると思ったら、
ぴょんぴょん飛んでいなくなった・・・・

キツネだった・・・・




新居浜市にも古墳はあるが、四国中央市まで行ってしまうことにする。

14時28分 新居浜ICから松山自動車道
14時50分 三島川之江ICから 11号線に入る。

15時すぎに、向山古墳に到着。

四国中央市の地図

宇摩向山古墳
国史跡
四国中央市金生町下分
撮影日2014/4/22

ビニールシートがかぶさっている。かなり長くかぶったままになっているようだ。
史跡公園になる予定のようだが、整備が進んでいないかな?道端に駐車。

宇摩向山古墳は 金生川の東岸、丘陵の先端部に立地する
 
東西70m・南北40mの長方形墳
 単一墳丘上に緑色片岩を用いた2基の横穴式石室が南に平行して開口している。

1号石室測図
    (かわのえ高原ふるさと館パンフから)

1号石室はほぼ完存、 長11m 
 羨道部は
   長さは7.4m 3枚の天井石がある。
   幅は羨道部入口で2.8m、玄門部で2.2m
   高さは1.8m

 玄室は、長さ4m・最大幅2.42m・高さ2.5m
   天井は2枚の巨石を横に並べておおっている。


 2号石室は現在埋没状態だが、露出している石材などから、
     1号石室よりさらに大きな優美な石室と考えられているが、
           全長14.3m以上・高さは玄室で3.8m前後と考えられている。

 7世紀前半の築造と推定されている。   四国でも最大級の巨石墳。
 2003年(平成15年度から調査が続いている。   (四国中央市教育委員会HP・ふるさと館パンフから)


宇摩向山古墳

西から見た墳丘



宇摩向山古墳

南から見た墳丘
ビニールシートの左 1号石室

右は埋没している2号石室

 1号石室入口

1号石室内部
玄門の両脇に柱石がある。(両袖式玄門柱石)

1号石室奥壁  石が大きい!!
奥壁と両側壁が共に一枚岩  高さ2.5m

1号石室内部から外を見る

2号石室入口

2号石室 手前の天井石はないが・・・・

2号石室  残っている天井石

2号石室 手前・石室奥側、  向こう・入口側


近くの「かわのえ高原ふるさと館」に、付近の古墳の資料がないかと行ってみるが、
向山古墳の簡単な資料だけあった。 
職員の方に、お姫山古墳の登り口をたずねたが、よくわからないようで・・・・。
あきらめて、お姫山古墳に向かって歩いていたら、自転車で追いかけてきて、登り口を教えてくれた。
たぶん、詳しい人にきいてくれたのだと思う。

お姫山古墳 四国中央市川之江町片上山
撮影日2014/4/22

向山古墳の北200m、住宅街の中に取り残された裏山頂上部にある。
駐車場はないので、向山古墳近くの広めの道路に路駐。
お姫山古墳の南の民家のわきから、古墳の山に入る。道があるようなないような・・・・。
四国の山には、いろんなところに「札所」があって、山の中に札所の案内標識がある。
この山の最高所を目指す。

お姫山古墳は  径23mの円墳

お姫山古墳

2基の横穴式石室が直交してつくられている

1号石室は南西に開口し、玄室長3.1m、幅1.9m、羨道長3.4m。

2号石室は、南東に開口し、
  現在は玄室片側の側壁と玄門柱石だけが残る。
 残存する玄室長3.5mで、
2つの石室はほぼ同規模と考えられている。
6世紀後半の築造と推定されている。

 1号石室から出土した須恵器などは市の文化財となっている。
 出土品は近くの高原ふるさと館に展示されている。       (四国中央市教育委員会HPなどから)

この後見学する端華の森古墳も、2基の横穴式石室が直交してつくられている。


お姫山古墳石室

右側の石積みは、2号石室の側壁

写真中央奥あたりに1号石室の側壁部分の穴があいている。


1号石室側壁にある穴 
本来の入口ではないというが・・・・・ 

1号石室側壁 穴にカメラを突っ込んで撮影
入口は左方向



2号石室


側壁と玄門柱石 片側だけ残る

天井石はない

見学したときは、石室が2つあることを知らなくて、不思議な石室形態だと思っていたが、
2つの石室があると分かり、納得できた。
知らなかったので、1号石室の入口は見て来なかった。残念。

宝洞山2号墳 四国中央市川之江町大門字宝洞山
撮影日2014/4/22

お姫山古墳から東に約300m、住宅地の真ん中に保存されている。駐車場なし。

 宝洞山2号墳は 径23mの円墳
  背後には周濠らしい地形が残る。
  
南に開口する横穴式石室は、玄室長3.2m・幅2.5m 羨道長1.8m・幅1.2mの両袖式
   天井、奥壁は巨石を使用している。

西から見た墳丘

石室入口
羨道は破壊されていて、玄室だけが残っているようだ。

石室内部 
巨石を使用しているということだが埋まっている・・・

背後(北側)の墳丘 周壕の跡が残る地形


宝洞山1号墳
市史跡
四国中央市川之江町大門字宝洞山
撮影日2014/4/22

宝洞山2号墳から南に斜面を下りた所にある。駐車場なし。

 宝洞山1号墳は 天生津古墳ともいう
  
径20m・高さ5mの円墳
  宝洞山南斜面にあり、北側の丘陵斜面を周溝によりカットし、削りとった土を盛り上げて造られたと考えられている。
  南に開口した横穴式石室は、全長8.5m
   玄室長4.1m・幅1.8m・高さ1.9m  羨道長4.4m・幅1.3m・高さ1.5mの両袖式

   石室形態は向山古墳とよく似ている。
  出土物は不明  
 宝洞山古墳群は3基あったが、3号墳は消滅した。    (教育委員会HP・説明板から)


西から見た墳丘 左(南)側に石室開口
周溝跡が確認できる。

石室入口は狭いけど入れます

石室内部は広い! 完存!

奥壁

石室内部から外を見る

墳丘に上がると、61番札所がある。
(札所の案内標識有り)

新しい住宅街に、古墳が残されている。古墳のそばに住んでみたい・・・・。

三島川之江IC付近の古墳見学へ、つづく

目次トップページ